2011年12月26日

クリスマスパーティ

遅ればせながら、クリスマスホームパーティの話題です。

子供も大きくなると、だんだん家族がそろうのが難しくなりますね。

子供には子供の予定があって、
かつてのようにみんなそろってクリスマスなんて、
事前に予定をすり合わせしないと成立しません。

まあ、それにもめげず、クリスマスパーティです。
それではお料理を作っていきましょう!

まずは、牛肉とオレンジの煮込みを作ります。

牛バラ肉に塩、胡椒を振り、薄力粉をまぶして、
フライパンで焼き色をつけます。

iphone/image-20111226222218.png


ニンニクとタマネギを炒めまして、

iphone/image-20111226222223.png


取り出していた牛肉を戻しいれて、赤ワイン、ホールトマト、水を加えます。

iphone/image-20111226222227.png


そこに、オレンジ2個を搾って加えます。

iphone/image-20111226222230.png

塩を加えてまして、煮込むこと2時間。

iphone/image-20111226222237.png

いつもと違うものを作っているつもりだったのに、
煮込んでみたら、見た目はいつもの出来上がりと一緒でビックリ。
レシピの写真とも違う出来上がりになりました。 ←なんで?

まあ、よしとしまして、オレンジとオレンジの皮、イタリアンパセリで飾りつけたら出来上がり。

iphone/image-20111226222242.png

オレンジの酸味と甘みと香りが、煮込んだ牛肉とよく合いますよ。
オレンジの風味で爽やかな味わいとなります。


バーニャカウダです。

iphone/image-20111226222247.png


野菜のスープ。

iphone/image-20111226222251.png


カレー風味のピラフです。
カレー粉とプチトマト、バター、レーズンと固形ブイヨン、
とろけるチーズで炊いた、簡単ピラフです。

iphone/image-20111226222255.png


そして今日のワインは、
シャトー・ブラネール・デュクリュ 2007

ボルドーはサンジュリアン、格付け4級のワインです。

iphone/image-20111226222713.png

このワイン、牛肉とオレンジの煮込みとは相性バッチリです。

ワインの果実味と酸味、オレンジの風味に共通点がある上に、
牛肉は赤ワインで煮込んでもいるので、味のベースも一緒です。
そして、このワインは豊かな樽のニュアンスがありますよ。
チョコレートやローストしたお肉、スパイシーさも。。。

iphone/image-20111226222309.png


そして、デザートは。
ゴディバのアイスクリーム、タルト・グラッセ。

iphone/image-20111226222344.pngiphone/image-20111226222348.pngiphone/image-20111226222352.png
iphone/image-20111226222356.png
iphone/image-20111226222401.pngiphone/image-20111226222405.png

ラズベリー&ダークチョコレート、ストロベリー&ホワイトチョコレート、
レモン&ホワイトチョコレートです。

この中では、ラズベリー&ダークチョコレートがお薦めです。
でも、やっぱりゴディバはなんと言ってもチョコレート!
わざわざアイスで食べなくてもねぇ〜。。。

華やかで美味しいクリスマスホームパーティとなりました。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

鷺沼のsoba-ya癒庵!

鷺沼駅のそばに、いつもの「よしみや」とは別の蕎麦屋がありました。
その名はsoba-ya 癒庵(いやしあん) です。

身近にありながら、初めて訪問しました。

iphone/image-20111220220646.png


蕎麦屋といいながら、店内はとってもモダン。
明るい店内です。

iphone/image-20111220220650.png


注文したのは、出汁巻き卵。
こちらのお店の出汁巻き卵も、ごま油で焼き上げています。

なのでごま油の芳ばしい香りが、辺りに漂います。
そして甘さは控えめです。

iphone/image-20111220220657.png

注文したお酒は 「山海の夕風」。
純米吟醸、山形のお酒です。

ぬる燗でいただきました。
バランスのとれたお酒で、飲みくちもすっきりで美味しいです。

iphone/image-20111220220701.png

そしてせいろ天盛り。

まずは天ぷら盛り合わせを、はじめに運んでくれました。
お酒のみにとっては、うれしい心遣いですね。

iphone/image-20111220220708.png

ここ癒庵の天ぷらは、衣がふんわりとしています。
少しフリッターっぽい感じです。
なので、衣がサクッという感じではありません。

こういう、衣がふんわりとしたやさしい天ぷらを目指しているのでしょう。
天ぷらといっても、お店によって千差万別で面白いですね。

天ぷらとしては、ちょっと違和感を感じつつも、これはこれでありかもしれません。
田舎の親戚の集まりで食べる天ぷらを、ちょっと上品にした感じとでもいいましょうか?


そしていよいよ、せいろです。

iphone/image-20111220220715.png

蕎麦はやや太めで、しっかりとしています。
硬めで、コシのある感じ。

汁は辛め。カツオ出汁のよい香りがします。

よしみやのそばが繊細なのに対して、こちらのそばは骨太な印象です。
対照的ですね。

iphone/image-20111220220719.png


このお蕎麦やさんでのランチ、最初はわたし1人で飲んでいたのだけれど、
途中で20代前半と思われる、女子4人がお店に入ってきました。

お店がモダンだと、若い女性(というよりはギャル)も蕎麦屋に来るんだ!と思いましたが、
この寒さにその露出。。。みたいな服装に、盛ったメイクに、おしゃべり。
いっきにお店の雰囲気が変わりました。

なんだかわたしが浮いた存在になってしまったようです。

でも彼女ら、それなりに蕎麦がわかっているようで、妙に感心したりもして
面白いランチとなりましたよ〜。





soba-ya癒庵

総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0 酒・ドリンク:3.0

posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

でん六のあずき甘納豆チョコ!

以前に美味しいなと思っていたら、突然売り場から消えて、
なんだかガッカリし、意気消沈してましたが。。。

最近スーパーの売り場に復活してました。

その商品は、これです!

でん六のあずき甘納豆チョコ!

iphone/image-20111218230234.png


北海道十勝産小豆を使用。
この小豆をふっくらと柔らかい甘納豆にして、
ホワイトチョコをコーティング。

仕上げに宇治抹茶をかけちゃったという一品です。

iphone/image-20111218230240.png

食べてみると、
宇治抹茶のほろ苦さに衝撃を感じた後、
ホワイトチョコのコクのある、芳純な甘みに包まれます。
その後に、小豆甘納豆の上品な風味が広がってクラクラとします。

そうです。このお菓子、実に味わい深い名品となってます。

iphone/image-20111218230243.png

そうこの味わいを総合的に判断すれば、
これは、かき氷の宇治金時練乳がけの味わい。

氷が溶けて、どうしても水っぽくなってしまうかき氷に対して、
これは最初から最期まで、ギュッと凝縮された美味しさを堪能できますよ。

んーーー!
なんだか美味しい>゜))))彡

と、気が付けば1袋はあっという間になくなって、次の袋に手が掛かっている(^J^)

やめられません。

みなさんも試してみてね!


これでわたしのブログもも、チョコブログと呼ばれるかな?




posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。