2011年12月12日

ジャン・ジャック・コンフュロンのニュイ・サン・ジョルジュ2008

今日のワインは、
ニュイ・サン・ジョルジュ 「レ・フリュリエール」 2008!

造り手はドメーヌ・ジャン・ジャック・コンフュロン です。

iphone/image-20111212214419.png

ナンバリングがあります。 1785。

このドメーヌでワインを造っているのは、アラン・ムニエ。
主張の強いワインを造ります。

レ・フリュリエールはニュイサンジョルジュのサザンエリアにのほぼ中央に位置する、
コンフュロン家の所有する村名畑です。

外観は明るい、輝きのあるルビー色。透明感もあります。

フランボワーズやサクランボの赤い果実や赤い花の香り。
湿った樹皮やローストされた黒いゴム等の焦げ臭もあります。

飲んでみると、フレッシュな酸味。
イチゴやアセロラの味わいに、甘みが感じられます。
後味には乾いた木質の細かい渋味も。。。


このワイン、開けたての時は、
まるで砂糖菓子のような甘みを感じられるほどの果実味があり、
香りのバランスも取れていたのですが、
翌日にはだんだん酸味が突出するようになってしまいました。

なんだか時間の経過とともに、逆にだんだん閉じていく感じ。。。

おかしいですね!
結局、まだ飲むのが早かったのかも知れません。

なんだか難しいですね。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。