2011年12月26日

クリスマスパーティ

遅ればせながら、クリスマスホームパーティの話題です。

子供も大きくなると、だんだん家族がそろうのが難しくなりますね。

子供には子供の予定があって、
かつてのようにみんなそろってクリスマスなんて、
事前に予定をすり合わせしないと成立しません。

まあ、それにもめげず、クリスマスパーティです。
それではお料理を作っていきましょう!

まずは、牛肉とオレンジの煮込みを作ります。

牛バラ肉に塩、胡椒を振り、薄力粉をまぶして、
フライパンで焼き色をつけます。

iphone/image-20111226222218.png


ニンニクとタマネギを炒めまして、

iphone/image-20111226222223.png


取り出していた牛肉を戻しいれて、赤ワイン、ホールトマト、水を加えます。

iphone/image-20111226222227.png


そこに、オレンジ2個を搾って加えます。

iphone/image-20111226222230.png

塩を加えてまして、煮込むこと2時間。

iphone/image-20111226222237.png

いつもと違うものを作っているつもりだったのに、
煮込んでみたら、見た目はいつもの出来上がりと一緒でビックリ。
レシピの写真とも違う出来上がりになりました。 ←なんで?

まあ、よしとしまして、オレンジとオレンジの皮、イタリアンパセリで飾りつけたら出来上がり。

iphone/image-20111226222242.png

オレンジの酸味と甘みと香りが、煮込んだ牛肉とよく合いますよ。
オレンジの風味で爽やかな味わいとなります。


バーニャカウダです。

iphone/image-20111226222247.png


野菜のスープ。

iphone/image-20111226222251.png


カレー風味のピラフです。
カレー粉とプチトマト、バター、レーズンと固形ブイヨン、
とろけるチーズで炊いた、簡単ピラフです。

iphone/image-20111226222255.png


そして今日のワインは、
シャトー・ブラネール・デュクリュ 2007

ボルドーはサンジュリアン、格付け4級のワインです。

iphone/image-20111226222713.png

このワイン、牛肉とオレンジの煮込みとは相性バッチリです。

ワインの果実味と酸味、オレンジの風味に共通点がある上に、
牛肉は赤ワインで煮込んでもいるので、味のベースも一緒です。
そして、このワインは豊かな樽のニュアンスがありますよ。
チョコレートやローストしたお肉、スパイシーさも。。。

iphone/image-20111226222309.png


そして、デザートは。
ゴディバのアイスクリーム、タルト・グラッセ。

iphone/image-20111226222344.pngiphone/image-20111226222348.pngiphone/image-20111226222352.png
iphone/image-20111226222356.png
iphone/image-20111226222401.pngiphone/image-20111226222405.png

ラズベリー&ダークチョコレート、ストロベリー&ホワイトチョコレート、
レモン&ホワイトチョコレートです。

この中では、ラズベリー&ダークチョコレートがお薦めです。
でも、やっぱりゴディバはなんと言ってもチョコレート!
わざわざアイスで食べなくてもねぇ〜。。。

華やかで美味しいクリスマスホームパーティとなりました。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。