2012年02月15日

バラの剪定と誘引

この季節はつるバラの剪定と誘引の作業を行う季節です。

もう朝から、日暮れまで、
寒いし、高所の作業だしで、とっても大変!

これは、ガート・ルード・ジェキルです。
1本、1本の枝を麻紐でワイヤーに誘引していくのですが、
これだけ枝数があると、かなり時間がかかります。

朝から晩まで作業をして、これで延べ3日の作業です。

春の満開のバラの姿を想像しながら、
その咲いたイメージをもとに、枝の配置を考えていきます。
春の花の様子を想像することが、唯一のモチベーションですね。

iphone/image-20120215232833.png


これは、ウィリアム・モリス。
電線の引き込みのための電柱を、ポールに見立てて誘引してます。
ぐるぐる巻きですね!

iphone/image-20120215232840.png

そして、これはスウィート・ジュリエット。
日当たりのあまり良くない壁面にあるので、
枝数が少なく、こちらは簡単です。

iphone/image-20120215232845.png


これは、ピエール・ド・ロンサール
枝が太くて、なかなか思うようになりません。

iphone/image-20120215232849.png


最後にジェントル・ハーマイオニーです。
こちらは、オベリスクに絡めています。

iphone/image-20120215232853.png

バラの剪定と誘引は、まだ道半ば。
これからも、休日はこの作業に追われそうです。

この骨格だけとなった冬のバラが、春になって芽が出て、枝が伸び、
どんな風に花が咲くのかは、またブログでお伝えしますね。

まだまだがんばるぞ〜!!




posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

ドメーヌ・バルー・コンドリュー 2009

お正月の東急百貨店でゲットした、ワイン福袋に入っていた3本の内の1本。
唯一の白ワインです。

ドメーヌ・バルー・コンドリュー 2009

iphone/image-20120214232800.png

コンドリューはフランスはコート・デュ・ローヌのAOC。
ローヌ川の右岸、セプタントリオナル(北部地区)の北から2番目にあります。

造られているのは、ヴィオニエ100%の白ワインのみです。

外観は緑がかった淡いイエロー。
かなり粘性があります。
トロミがあるなあ〜 と思ったら、なんとアルコール度数は14.0%exclamation
白にしては、スゴイですね。

アプリコットのような黄色い果実や黄色い花の香り。
そして、白いユリの香り。

味わってみると、リンゴ、アプリコットや洋梨のシロップ漬けの味わい。
蜂蜜のニュアンスもあります。

滑らかで厚みがある感じ、樽も効いてます。

果実味からくる甘みを強く感じますが、酸味もあるので、後味は辛口。

芳醇な味と香りの、飲み応えのあるワインでした。
アルコール度数が高く、甘みがあるので、食後酒としてもいいかもね。

ちょっと独特ですが、美味しいワインです。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

bar & cafe kovu!

今日はたまプラーザにある、bar & cafe kovu に行ってきました。

iphone/image-20120212215631.png

ちょっと不思議なお店です。

iphone/image-20120212215536.png


店内は、雑貨屋さんのようでも、アンティークショップのようでもあり、
調度品には様々な国の古い家具を使っていて、
中央アジアのサロンのようでも、カフェのようでもあります。

料理はオーガニックで、有機・低農薬食材を中心とした、たっぷり野菜の家庭料理のお店です。

注文したのは、ランチメニューの鶏つくね焼きと小鉢のご飯。

まずは前菜。
300円追加して、ドリンクをビールに変更してもらいました。

iphone/image-20120212215555.png

野菜のかき揚げとなますです。
なますは柚子が効いてます。
かき揚げはさくさくで、大振りにカットされている野菜が美味しいです。

そして、お料理がやってきました。

iphone/image-20120212215611.png

松の実の入った鶏のつくね焼き(ネギもたくさん入ってます)
ミルク煮のポテトサラダ
葉サラダ(自家製ドレッシング)
根菜の白出汁の汁物(この日は、菜の花と舞茸が入ってました)
あられの風味が香ばしい。
卵焼きとひじきの煮付け、人参と大根のマリネ
そして香の物。
上伊那アルプス米のご飯です。

ずいぶんと盛り沢山ですね。

やさしいお味で癒されます。

今度は夜も行ってみようかな!


このお店のHPはこちらから →   



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。