2012年03月22日

ホワイトアスパラのオランデーズソース

今日の料理で放送されていた、ホワイトアスパラガスのオランデーズソース
木下シェフのレシピです。

オランデーズソースといえば、ワインを勉強したときに憶えたぞー!
でも、その時勉強で憶えた料理とかソースとか、憶えただけでどんなものか分からない。。。

つまり全然身になってない。記憶だけ。
なのでどんなものか作ってみることにしました。

ホワイトアスパラは今が旬。
でも、あんまり見たことないなと思っていたら、近所のスーパーに売ってました。

iphone/image-20120322230206.png


ホワイトアスパラガスは筋が多いので、ピーラーで深めに削ります。
その上固いので、湯で時間が4分。
グリーンアスパラの倍ぐらい。

そしてオランデーズソースを作ります。

卵黄3個分
白ワインビネガー大さじ3
水大さじ3
ハチミツ小さじ1
塩3つまみ
コショウ適量

これをボールに入れて、泡だて器でよく混ぜます。

フライパンに2センチぐらいのかさにお湯を沸かし、
湯せんをしながら、更に混ぜていきます。

iphone/image-20120322230211.png

フワフワのムース状になったら、湯せんからはずします。
やり過ぎるとスクランブルエッグになってしまうので、ご注意を!

バター85グラムを鍋で沸騰させます。
グラグラですね。

iphone/image-20120322230214.png

先ほどのボールに、このバターを徐々に入れながら、更に混ぜます。
バターを一度に入れてはいけません。少しずつ、少しずつね。

そして出来上がりました。
オランデーズソース。

iphone/image-20120322230218.png

これを茹で上がったホワイトアスパラにかけまして、パセリを振って出来上がり。

iphone/image-20120322230222.png

オランデーズソースは、ホイップクリームのようにフワフワです。
とってもなめらかなムースです。
食感はホイップなのに、クーっと酸味が・・・
パッと見は、マヨネーズに似ていますが、ちょっと別物、
オランデーズソースはバターソースなのです。

ホワイトアスパラの茹で加減もいい感じで合格点です。

合わせたのは、アルバニーニョ ペドラロンガ。
スペインのワインです。

iphone/image-20120322230226.png

大西洋の海風が、アルバニーニョというこのぶどうを、素晴らしいぶどうに育ててくれるそうです。
上品な酸味と、豊かな厚みのあるコクで、オランデーズソースとの相性もバッチリです。

言葉として記憶されているオランデーズソースを実際に作ってはみましたが、
本当にこれで良いのだろうか?
なかなか解決しませんね・・・

今度、レストランで確かめてみようっと!







posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。