2012年04月16日

豚バラ肉とセージのソテーとジャガイモとタマネギの炒め物。

今日のお料理は、豚バラ肉とセージのソテーです。

味付けは単純に塩・コショウだけ。

フライパンに油をひかずに豚バラ肉を敷き詰めて、
カリカリになるように焼いていきます。

iphone/image-20120415212927.png

セージの葉っぱを用意して。。。フライパンに投入します。

iphone/image-20120415212931.png

こんがりと焼いたら、塩・コショウして味付けをします。

iphone/image-20120415212935.png

ソテーしたお肉を取り出したら、
小さく角切りにしたジャガイモをフライパンに残った豚バラの脂で炒めますよ。

ジャガイモに焼き色が付いてきたら、みじん切りにしたタマネギを加えて
ジャガイモがこんがりと柔らかくなるまで炒めます。
こちらも塩・コショウで味を整えます。

イタリアンパセリのみじん切りを振って出来上がり!

iphone/image-20120415212939.png

セージさわやかな香りと豚肉が合いますね。
ジャガイモも豚バラの脂で炒めるので、コクがあります。

アボカドとたこのサラダです。
材料はアボカドとゆでだこ、そしてトマト。今日はプチトマトを使いました。

iphone/image-20120415212910.png

ドレッシングを作ります。
オリーブオイル大さじ2、
しょうゆ小さじ2、
レモン汁小さじ1、
柚子コショウ小さじ1
そしてコショウを少々

iphone/image-20120415212915.png

アボカド、たこ、トマトをこのドレッシングで和えて、
サニーレタスを敷いた器に盛り付けて出来上がり。

柚子コショウの風味がとてもいいですよ。
オリーブ油、しょうゆ、柚子コショウが不思議と合います。

iphone/image-20120415212923.png

前日の残りの野菜のコンソメスープにタマゴを落としました。
半熟の黄身がこの野菜のコンソメスープを極上にしてくれます。

iphone/image-20120415212943.png

そして、もらい物の京都の水茄子の糠漬け。
泉州の水茄子の糠漬けは、京都名物です。

4月がこのお漬物の出始めの季節のようです。

たっぷり水分を含んだ水茄子は浅漬けっぽくて、フカフカします。
これは包丁で切ってしましましたが、本当は指で割いて分けるそうです。

iphone/image-20120415212947.png


今日のお料理に合わせたのは、日本のシャルドネです。
山形県の高畠ワイン、高畠酸化防止剤無添加シャルドネ2011。

iphone/image-20120415212919.png

樽熟成をしていないスッキリとした味わいのシャルドネです。
フレッシュな酸とミネラル感、独特の白っぽい花のような香りがありますよ。

美味しいですね。
でもこれはシャルドネというよりも、辛口のリースリングのような感じがします。
高畠は日本で一番シャルドネの生産量が多い地域とのことです。

豚バラ肉の脂も、この高畠シャルドネでサッパリと食べられますね!



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

忘れな草とビオラ2012

家の外に出て庭の草花を見ているのが楽しい季節になりました。
日の光を浴びていると癒されますね。

あちらこちらで、だんだんとつぼみが膨らんで花が咲いてます。

忘れな草も咲きました。
忘れな草はこぼれ種で、毎年あちこちから芽を出して、
だんだんとその数を増やしています。
移植も簡単なので、都合のいい場所に植え替えてバランスをとるのに最適です。

iphone/image-20120415212836.png

青い小さな花が、庭の隙間を埋めてくれます。


たくさんのビオラ達も花盛りです。
レンガの縁取りとして、いい感じです。

iphone/image-20120415212904.png

個別にビオラの表情を見て行きましょうね。

パステル調のかわいい花ですね。
どこかアメリカン・カントリーな感じです。

iphone/image-20120415212842.png


続いては紫と白のビオラ。
同じ株で、紫とクリーム色の花も咲きます。

iphone/image-20120415212846.png


ライトブルーのビオラです。
淡い水色と、中央の白くて丸い模様が印象的ですね。

iphone/image-20120415212851.png


水色の中央に、濃い紫が入るパターンです。
魅惑的な花です。

iphone/image-20120415212859.png


そしてこちらは、紫のグラデーションです。
中央にいくほど、紫が濃くなっていきます。

iphone/image-20120415212855.png


オダマキ、クレマチス、バラのつぼみも出てきました。

植物達の日々の成長が楽しみな季節です。




posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

ムーミンって懐かしい!

ムーミン.gifムーミン.gif

img_main.jpg

4月からNHK BSプレミアム (昔のBS-High です)でムーミンが始まりました。

ムーミンといえばわたしがまだ幼児の頃にテレビで放映していて、よく見ていました。

なんだか懐かしさもあり、ムーミンって結局どんな話だったのか、
ちっとも憶えていないということもあって、なんとなく見ています。

番組を見てちょっとビックリしたのは、ムーミンの彼女はノンノンだったはずなのに、
このお話では、彼女の名前がフローレンになっているということ。
ムーミンの彼女の名前が変わってしまいました。
なぜでしょうね?

この他にも、ミーがムーミン一家と同居していることとか驚きでした。
ノンノンのお兄さんんも、ニョロニョロもまだ出てこないし。。。

あらためてみてみると、不思議なお話です。

大自然に囲まれた静かな村が舞台で、その村に魔法使いやら不思議なキャラクターが登場します。

小さい頃のわたしは、クールで知的で自由人なスナフキンに憧れたけど、
今見てもスナフキンはとても、魅力のあるキャラクターです。

このアニメ1990年代に製作されて、放送されていたものとのことです。
なので、ムーミン彼女の名前を聞かれて、ノンノンと答えたら熟年世代。
フローレンと答えたら、若い世代ということらしいです。

この間の年代差は約20年。
さあさあ、あなたにとってムーミンの彼女の名前はなんでしょう?






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(5) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。