2012年04月09日

豚のリエット!

ちょっと前までは手料理を食べさせて、相手の胃袋をギュッと鷲づかみ!
というのは女性が恋を成就させるために使う常套手段でしたが。。。
今はそうではないようです。

先日まで放送されていたドラマ、ハングリーで、
向井くん演じる英介のつくる豚のリエットを食べて、
胃袋をガシッと掴まれるのは瀧本美織さん演じる千絵。

なるほど!
逆もアリかということで、豚のリエット作りに挑戦です。

レシピはもちろん平野由希子さんの「女の家飲みレシピ」です。

まずは豚バラ肉のブロック(500グラム)を4cm幅に切って、
フライパンで焼き色をつけます。

焼き色が付いたら、白ワインカップ1/2を入れて、ひと煮立ち。

そこに、水1と1/2、塩小さじ1、ローリエ、クローブを入れて、
蓋をして弱火で1時間半煮込みます。

iphone/image-20120409211758.png

これをフードプロセッサーにかけます。
フライパンの中には染み出した豚の脂がたくさんですが、
全部使うのは恐いので、
この脂を使うのはちょっとにしました。

その代わり使うのはバターです。60グラム。

iphone/image-20120409211803.png

塩、コショウ、ナツメグを入れて味を整えます。

iphone/image-20120409211806.png

これをフードプロセッサーで滑らかにして。。。。

iphone/image-20120409211810.png

器にいれます。

iphone/image-20120409211813.png

脂が固まったら、豚のリエットの出来上がり。
バゲットにたっぷり乗せて、いただきます。

iphone/image-20120409211817.png

少し薄味なので、たっぷり乗せるのが美味しいです。

ジワジワッと豚の旨味が口の中に広がって、
これはなかなかいける! 美味しいです。

これで、瀧本美織ちゃんの胃袋はわたしのものだ。へっへっへっ!
美織ちゃんは「あの味が忘れられない!」って言ってくれるでしょうか?

言ってくれないだろうな・・・

でも、リエットでそこまで言わせる向井くんはやっぱり凄い?

まあ、いいんです。言ってくれなくても。
なぜなら豚のリエットは白ワインにピッタリなお友達。

このリエットのおかけで、
これからしばらく、幸せなワインの時間が過ごせそうですもの。。。








posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(4) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。