2012年05月31日

レオナルド・ダ・ヴィンチ 2012

庭のバラもピークを過ぎて、大部分のバラは花がらを摘み取ってしまいました。

つまり、花がなくなってしまったバラも多くなりました。
もちろん、今咲いているバラ、これから咲き始めるバラもあります。
遅咲きのバラですね。

今咲いているバラの最右翼。
レオナルド・ダ・ヴィンチです。

iphone/image-20120531212205.png

濃い目のピンク色。
遠くからでも、人目を惹きつける花色と花姿です。

iphone/image-20120531212159.png

とりわけ写真に撮ると、とても美しい。

まるでモデルのように、ポーズが決まります。

iphone/image-20120531212217.png

このバラ、花弁がとっても厚い、そして堅い。
なので、ちょっとやそっとでは乱れません。

雨が降っても花が傷まないのです。

iphone/image-20120531212212.png

これは立派です。
モデルとしての自覚、意識は相当なものがありますね。

iphone/image-20120531212222.png

大きく育てようと思ったら、大きな壁面を覆いつくすほど伸びますが、
うちではコンテナでこじんまりとさせてます。

iphone/image-20120531212209.png

スーパーモデル、レオナルド・ダ・ヴィンチ。

このバラに香りがあったら、完璧だったのに。。。
惜しいなあ〜。






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

キャスリン・モーリー 2012

昨日お伝えした、庭への入り口にあるアーチの、
向かって左側のバラの話です。

枯れてしまったアイスバースに代わり、植えたのはナエマというバラでした。
それは昨年の話です。
ところが、このナエマも夏までは順調に生育しておりましたが、
その後成長が止まり、おかしいなあ・・・と思っているうちに、
枯れてしまいました。

またしても・・・
アーチの左側は、呪われているのか。。。
なぜに、次から次へと犠牲者が・・・

気を取り直して、植えたのがキャスリン・モーリーです。
今年の冬に、コンテナから移植しました。

iphone/image-20120529214037.png

淡いピンク色のカップ咲き。

iphone/image-20120529214042.png

この花色といい、花形といい、雰囲気といい、全体がとても優しい感じです。

iphone/image-20120529214049.png

そして、この優しい雰囲気に相応しく、ティーローズの香りがします。

iphone/image-20120529214053.png

このバラ、大型シュラブなのでアーチに這わせるにはピッタリのバラ。

iphone/image-20120529214106.png

今度はちゃんと育ってくれるといいなあ〜。
花はカップ咲きから、ロゼット咲きに変化します。

iphone/image-20120529214110.png

どこかふわふわした、柔らかいイメージがしますね。

iphone/image-20120529214114.png

キャスリン・モーリーという、このバラの名前、
実は、このバラの命名権を獲得した父親が、18歳で亡くなった娘の名前をつけたそうです。

んー、やっぱりちょっとオカルトめいている・・・・ >゜))))彡














posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

つるアイスバーグ 2012

わが家の庭の入り口にあるアーチ。

そのアーチに絡ませているのが、アイスバーグ(つる)です。

iphone/image-20120528212214.png

アーチの左右から、同じアイスバーグを這わせていました。
2本とも大きく成長しておりましたが、
2年前に向かって左側のアイスバーグが、
テッポウ虫(カミキリムシの幼虫)の被害で枯れてしまいました。
根元近くの幹を、内側からこの幼虫に食べつくされてしまったのです。

iphone/image-20120528212210.png

針金を巣穴に差し込んで、幼虫を駆除しましたが時既に遅し・・・
とても残念なことになりました。

iphone/image-20120528212205.png

その時に右側のアイスバーグも被害を受けましたが、
こちらは無事に駆除に成功し、その後も順調に育っています。

iphone/image-20120528212220.png

純白の花色で、半八重の平咲きです。

白バラ特有の、爽やかな香りがあります。

iphone/image-20120528212224.png

細い花首で、花の重みで下を向いてしまうので、
このようにアーチに絡ませると、花を見上げた時に美しい姿を見ることができますよ。

iphone/image-20120528212234.png

シュネーヴィッチェン(白雪姫)という別名もあります。
名前のとおり、清楚で高貴、そして庶民的でもあるバラです。

iphone/image-20120529214022.png

たくさんのつぼみがついて、順番に咲いていくので、
花期もながい。

iphone/image-20120528212243.png

アーチの、失われた左側はどうなったのか!
というお話は、
また明日。





posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。