2012年05月17日

ガートルード・ジーキル 2012

昨年は確かガートルード・ジェキルとお伝えしましたが、
今年はガードルード・ジーキルです。

なんだかねぇ、名前が変わるんですよ。
元々が英語なので、日本語表記には何通りもあるとは思いますが、
途中で変えることに、いったいなんの意味があるのでしょうね。

先日のクレマチス、ドクタールッペルも、昨年はドクターラッペルとお伝えしました。

それは、それとして。

ガートルード・ジーキルがたくさん咲いてきました。
このバラの名前はイギリスの著名な女性園芸家の名前です。

iphone/image-20120516232139.png

艶やかなピンク色、見事なロゼット咲き、そしてかぐわしい香り。

昨日のジェントル・ハーマイオニーが彼女にしたいナンバーワンならば、
このバラは女王の風格です。

iphone/image-20120517213816.png

そしてオールドローズの素晴らしい香り。

化粧品とか香水とかでおなじみの、
誰もがこれぞバラの香りと、認める香りがあります。

iphone/image-20120516232146.png

直接顔を近づけると、あまりの香りにちょっとくらくらっとします。
たくさん咲くと、このバラの周囲はこの香りで満たされますよ。

香りの庭の誕生です。

iphone/image-20120516232142.png

ちょうど今、8部咲きぐらいでしょうか。

圧倒的な存在感がありますね。

iphone/image-20120517213825.png

いつまでも眺めていたいなぁーと毎朝思いますが、
また今日も朝の身支度の時間ですね。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。