2012年05月27日

ア・シュロップシャイア・ラド 2012

デビット・オースチン・ロージズという会社が日本に設立されて、
その日本語版バラのハンドブックの第1版が手許に届いた時に、
イングリッシュ・ローズ・メインコレクションの、
トップページに掲載されていたのがこのバラです。

ア・シュロップシャイア・ラド。

iphone/image-20120526225957.png

なんだか、一目見て気に入って、
メインコレクションとして一番初めに載っているのだから、
きっと一番おススメの品種に違いない! と思って、
デビット・オースチン・ロージズから直接購入しました。

iphone/image-20120526230002.png

その後、カタログをじっくり見てみると、
何のことはない、ただのABC順だったのですが・・・・

でもきれいだからいいんだもん!

iphone/image-20120526230008.png

ア・シュロップシャイア・ラドとは、シュロップシャの若者という意味で、
AEハウスマンの詩のコレクションから名付けられたとのこと。

花は最初はカップ咲き、それから次第に魅惑的なロゼット咲きに変化していきます。

iphone/image-20120526230013.png

花色はソフトなピーチがかったピンク色。

フルーツの香りにティーの香りが混ざったようないい香り。

iphone/image-20120526230017.png

まるでライオンのたてがみのような、まあるく広がった外側の花弁と、
内側のロゼット咲きとのバランスが特徴的です。

このラドちゃんも、わたしのお気に入りのバラのお仲間入りです。

posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。