2012年05月28日

ピエール・ドゥ・ロンサール 2012

ピエール・ドゥ・ロンサールです。

とても有名で、人気の品種。
なぜそんなに人気があるのか?

それは育ててみれば分かります。

iphone/image-20120527204545.png

クラシックな花形。
つるバラで、枝が良く伸び、立体的に誘引できます。
その上、多花性で、その枝にたくさんの花をつけますよ。

iphone/image-20120527204526.png

花色は中心がピンク色で、外に向かって淡くなり、
外弁はほとんど白色という魅惑的な色合いです。

咲き始めは深いカップ咲き。
その後は形の良いクォーターロゼット咲きとなります。

iphone/image-20120527204540.png

とても大きな花で、豊満で、ゴージャスです。

iphone/image-20120527204554.png

たくさん咲くと、圧倒されるくらいの迫力。
とても見ごたえがありますよ。

iphone/image-20120527204534.png

とても大きく重い花なので、うつむいて咲きます。
なので、下から見上げると、とても素晴らしい。

花弁も厚くしっかりしているために、雨にも強く、花もちがとてもいいです。

iphone/image-20120527204549.png

ちょっとやそっとでは、ハラハラと花びらが舞うなんてことはありません。
ながーく咲いてます。

iphone/image-20120527204559.png

このバラ、他のどんなバラよりも男性の心を捉えるようです。

男性はこのバラの花姿に心を奪われてしまいます。
このバラが忘れられない存在となるのです。

可憐であり、ゴージャスあり、繊細であり、大胆であり、
とても優しいのに、力強い。
あーこんな女性がいないものかな?

iphone/image-20120527204603.png

こうして、写真に撮っても、実物を見ても、
どちらを見ても違わぬ美しさ!

iphone/image-20120527204607.png


そして、今日現在もこれほどのたくさんのつぼみを抱えています。
これがねー。
ちゃんと花開くことができるかどうか。。。

iphone/image-20120527204613.png

6月に入れば、まもなく梅雨。

花開く前に、毎日、毎日雨に打たれて、
ほとんどのつぼみは、ちゃんと開花することができずに、
茶色く変色してしまってダメになってしまう。

そんな姿が浮かんでくるようです。
それを考えると、とても心配。

昨年は入梅が5月中(最悪でした!)だったので、余計心配なのだと思います。

あー今年こそは、入梅を遅くしてちょーだい!






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。