2012年06月28日

京都たかばしの新福菜館!

青森で何気なく入ったラーメン店。
末廣ラーメン本舗 青森分店です。

top_02.jpg

食券を買って、カウンターで待っていると、
ラーメンが出来上がりました。

食べてみると。
ん!このラーメンの味はどっかで食べたことがあるぞ。。。


そう思って店内を見回すと、末廣ラーメン本舗の歴史が掲示されていました。
えっ、そうなんだ。
やっぱりね〜と思いました。
どおりで食べたことがある!


秋田が地盤の末廣ラーメン本舗ですが、
その味の源流は京都にありました。

そう、京都ではとても有名な、あの “ たかばし ” のラーメンです。

京都駅の東側のJRの線路を高架となって抜ける道路の、
その駅の北側の高架をタカバシと呼んでいますが、
“ たかばし ” には2店、古くからのとても有名なラーメン店があります。

第一旭と新福菜館です。

末廣ラーメンの創始者は、京都 “ たかばし ” の新福菜館に
教えを乞うてその味を伝授してもらったとのことでした。

ramen_tyumon_img.gif

わたしは京都で学生時代を過ごしましたが、
わたしの下宿のすぐ近くに、この新福菜館の三条店がありました。


当時わたしは週に一度はこの店にお昼ご飯を食べに行っていました。
下宿からすぐだったし、美味しかったのです。
本当に通ってました。

でも、最初に偶然にこの店に入った時は、
その味になんだかとてもビックリしました。

京都といえば、京料理に代表されるように、
薄口で上品な味付けが特徴です。

ところがこの新福菜館のラーメンときたら、
めちゃくちゃ濃いしょう油味。

関東でも食べたことないぐらいの濃い味に、
豚のだしの粗野で原始的なくらいの濃厚さ!

これはほんとうに京都のラーメンなんだろうか? と思いました。
それは、まったく京都のイメージにそぐわないラーメンだったのです。


そして更に驚くことに、そのラーメンは京都の人に大人気なのでした。

わたしが通っていたその店は、あまり広くないこともあって、
ランチタイムに行くと行列です。

京都の人もこんな濃い口の濃厚なラーメンが好きなんだ。
ちょっとカルチャーショックでした。


そうして考えると、東京のうどんはツユが真っ黒で食われへん!

と大げさに驚くのは、関西人の中でも大阪人だけだとわかります。
( たぶん半分はわざとです (*_*) )

なぜって、京都には濃い口しょう油の文化があるのですから。

そういえば家でよく使っている創味のつゆも、
鰹出汁がバリバリで、かなり濃い口のしょう油味だけど、
この創味食品も京都の会社だよね! と思います。



大学生であったわたしが、当時注文したのは特製ラーメン。

大盛りサイズのどんぶりに、並々と入った麺とつゆ。
その上には一面チャーシューが敷き詰められて、
更にその上に青ネギが山のように積まれます。
それで650円ぐらいだったと思います。

若いわたしでも、全部食べるとお腹一杯でした。
とても懐かしい青春の味です。
三条店では、その当時夫婦が2人で一生懸命にラーメンを作っていました。


社会人となってから、再び関西に居住することになったので京都での観光がてら、
ある時、家族で懐かしの新福菜館三条店にラーメンを食べに行きました。

わたしとしては、涙がちょちょぎれる程、
懐かしい青春の味でしたが、家族には大不評。

野性味あふれる粗野なくらいの豚のだしと、
濃厚でコクのあるしょう油味のラーメンは、
家族には受け入れられませんでした。
美味しいのにね…


その後月日は流れ、新福菜館も大きくなったようです。
今では東京にも横浜にも新福菜館があるようです。
フランチャイズなのか直営なのかは知りませんが・・・


青森で何気なく食べたラーメンが、
京都での学生時代の記憶を呼び覚ます。
そんな不思議な体験でした。




新福菜館 本店
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0










posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

純米大吟醸 玉乃光!

日本料理人の高橋拓児さんのレシピです。
絹ごし豆腐のステーキ、肉味噌ダレを作りました。

絹ごし豆腐です。
フライパンのお湯の中で、5分暖める。

iphone/image-20120626224502.png

この絹ごし豆腐を水気を切ってから、フライパンで焼いて焦げ目をつけるのですが、
これがなかなか大変です。(水分が多いので焦げ目がつかない)

タマネギ、しいたけ、人参を刻みます。

iphone/image-20120626224506.png


牛ひき肉を炒めてから、この野菜を加えて更に炒めます。

iphone/image-20120626224509.png

出汁カップ1/2、味噌大さじ3、みりん大さじ2、酒大さじ1を加えて3分程煮て、
水溶きかたくり粉を加えてトロミをつけます。

これを焼いた豆腐にかけて出来上がり。

水分の多い絹ごし豆腐に焦げ目をつけるのは、とても大変です。
うまく焦げ目がつきませんでした。

iphone/image-20120626224513.png

このレシピ、美味しいのですが何か足らない。。。
なんでしょう?
高橋さんは和風麻婆豆腐といっていましたので、山椒を振りました。
そうするとピリッとして、ちょっとまし。
唐辛子を使って、ピリ辛にしてもいいかもです。

高橋さんにしては未完のレシピのようで、ちょっと残念!

気をとり直して、きょうのお酒は、
京都伏見のお酒です。
玉乃光酒造の純米大吟醸 備前雄町100%

iphone/image-20120626224516.png

幻の酒米といわれる備前雄町米を100%使用しているとのこと。
酒米として有名な山田錦はこの備前雄町の孫にあたるとか。

酸味と旨味のバランスがとてもいい、美味しいお酒です。

天然の酸味の利いたうまい酒。
一升瓶の裏には、日本酒の味の特徴として、
日本酒の辛口度(ドライ)は酸によって決まると書かれていました。
それによる、分類は以下の通り

@ 酸 = 糖   うすい甘口

A 酸 <    重い甘口

B  =    コクのある辛口

C  > 糖   淡麗な辛口

という4種の分類です。

この玉乃光 純米大吟醸はBのタイプです。
甘みもあるけど、酸がしっかりしているのでコクのある辛口となるとのこと。。。

なるほど・・・それなので純米大吟醸なのに甘くない。

わたしがよく青森で飲んでいる日本酒は純米大吟醸となるととても甘く、
甘さに酔ってしまいそうなほどです。
青森県の有名な地酒である、田酒も、豊盃も、亀吉も、如空も完全にAのタイプです。

どうでしょう?
この違いは、気候によるものなのでしょうか?
白ワインは冷涼な気候であるほど、フレッシュでシャープな酸を感じるワインとなりますが、
日本酒は逆なのかも。。。

北日本のお酒に、しっかりとした酸を感じるものは少なくて、
伏見とか灘とか、それよりも南の地方にはしっかりした酸味がある。。。

わたしにとっては、ちょっとした発見でした。

みなさんはどう思われますか?





posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(4) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

地下茎対決!

わが家の裏は狭いスペースながら、東向きのため日当たりはまずまず。
そのせいなのか、植えたわけではないのに植物が生い茂っています。
しかも厄介な植物が!

筆頭はこれです。
どくだみ!
どくだみの白い花の季節も終盤となりました。
iphone/image-20120623231626.png

このどくだみ、ハーブだいう人もありますがわたしは嫌です。
そして臭いので刈るのも一苦労。

わたしの両親はこれを干してお茶にしていると言って喜んで持って帰ります。
身体にいいということですが・・・

どくだみは地下茎で増えるので、その地下茎を根こそぎ取ってしまわないと駆除できません。
地下茎を取り残すことなく取ることなんて不可能で、
一旦繁ってしまうと、駆逐するのは非常に困難な植物です。

それからフキ。
iphone/image-20120623231630.png

このフキも地下茎で増えます。
地面の中には、まるで樹の幹のような太い地下茎が縦横無尽に這っています。

先日試しに、このフキを何本か刈り取って、茹でて食べてみました。
確かにフキでした。
スゴイ灰汁の上にスゴイ筋です。

これも一旦繁ってしまうと、駆除するのが非常に困難な植物です。
地下茎をすべて取り除くことはとても難しい。。。


それから、長芋。
iphone/image-20120623231635.png

この葉をみた父親がこれは長芋だ!というので、調べてみたら確かに長芋でした。
なんでこんなところに長芋が自生しているのでしょう?
ツルが長く伸びてあちこちに巻きついて、やな感じ・・・

こちらも、地下に長い芋ができて、それで増えるいわば地下茎です。


このように、わが家の裏のスペースには、植えた訳でもないのに、
こうした地下茎の植物が生い茂っています。
もうむしり取るのもあきらめました。
むしってもむしっても、これらは絶対に駆除できないのですから。。。


それならばと思い立って、他の地下茎の植物を対抗馬として植えてみることにしました。
地下茎植物同士を戦わせてみようかと。。。
まあ、毒を持って毒を制すというところでしょうか。

新たに植えたのも、普通に植えてしまうと、かなりの厄介者の植物です。
誰もが地植えしなければよかったと後悔する植物とはいったい。。。

まずは、レモンバーム。
iphone/image-20120623231639.png

葉がレモンの香りのレモンバームは、その爽やかな香りでお茶にするととてもいいです。
このハーブもうっかり植えてしまうと、その繁殖力の凄さであっという間に広がってしまいます。

植えてみると、草丈がどくだみよりも高いのでどくだみに勝っているようです。

それから、ミント。
これはスペアミントです。
iphone/image-20120623231642.png

ミントはみなさんおなじみのハーブですね。
でも、これもうっかり地植えは避けたい植物です。
地下茎で増えるので、これまた厄介。
植えてしまって、いたるところミントだらけとなってしまった人も多いのではないかな?

次なる厄介者は、ラズベリー。
iphone/image-20120623231646.png

この植物もあっという間に大きく生い茂って場所をとる上に、
バラ科の植物で、茎にたくさんの棘がある。
そのために、繁ると始末が悪い植物です。

生い茂るどくだみに対抗するために、新たに地下茎植物を植えました。
今回植えたのは厄介者とはいえ、わたしにとっては有用な植物です。

地下茎植物バトル、はたして勝者は誰でしょう?

わたしとしてはどくだみが減って、沢山の実をつけたラズベリーでジャムをつくり、
休日の午後にレモンバームとミントのハーブティーを楽しむことを願っておりますが、
結果はどうなるのか、成り行きを見守りたいです。

この戦いは楽しみですね。
頑張れ、ミント、レモンバーム、ラズベリー!







posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。