2012年06月09日

その他のバラたちA 2012

昨日に引き続き、時間的な理由から、リアルタイムでご紹介できなかった、
バラたちの第2回目です。

まずは、ジェントル・ハーマイオニーとクレマチス ニオベの共演はどうなったでしょうか?
その結果を見てみましょう。

iphone/image-20120607225258.png

クレマチス ニオベのたくさんの花の中に、ジェントル・ハーマイオニーの花が、
鮮やかなコントラストでもって、咲いているのを見ることができました。

とてもキレイですね。


続いて、エブリンです。
iphone/image-20120607225255.png

サーモンピンクの大輪ロゼット咲き。
みごとなくらいのロゼットで、まるで関西のおばちゃんのパンチの頭のようです。

なんだか妙な形で、憧れます。


こちらも変な形、シャリファ・アスマです。
iphone/image-20120607225306.png
淡いピンク色、香りもいいです!
ちょっと本来のシャリファ・アスマの花形とは違うようですが。。。まあ、いいや。

ザ・ピルグリムです。
iphone/image-20120607225240.png
周囲がクリームイエローとなる、きれいな色のバラです。
本当はもう少し大きく伸ばして育ててあげたいところです。

フランソワ・ジュランヴィルです。
iphone/image-20120607225315.png
とても大きくなるつるバラ。
淡いサーモンピンクのクシュクシュとした花をたくさん付けますよ。
うどんこ病に弱いところが、難点ですね。


まだまだ紹介しきれていないバラもありますが、
とりあえず、2012年春のバラのシーズンのご紹介はこれでお終い。
iphone/image-20120607225319.png

今年の冬は寒く、バラの開花も遅れ気味でしたが、盛り返しました。
今年もたくさんのバラの花が咲き、
そのたくさんの花と香りに囲まれた季節を過ごすことができてとても幸せです。

そろそろ庭も梅雨の対策をしなければなりませんね。。。
植物も高温多湿な環境を少しでも快適に過ごしたいと思っているのです。
熱中症対策です。


posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

その他のバラたち 2012

テレビのお天気お姉さん達が、梅雨の訪れを伝えはじめました。

梅雨といえばもう紫陽花が咲き始めて、
紫陽花寺の様子などもテレビ中継されています。

バラは過ぎた花となってしまいましたが、
時間的な理由から紹介できなかったバラたちを、
最後に総集編的に振り返ってお伝えします。

今日はその1回目。


コントゥ・ドゥ・シャンボールです。
昨年もガートルード・ジーキルのおとうさんとして紹介しました。
花だけ見ればほんとよく似ていますが、ちょっと小振りかな。
iphone/image-20120607225220.png


つるのものはお伝えしましたが、こちらは普通のアイスバーグ。
枝ぶりが違うだけで、花は全く同じです。
見分けがつきませんね。
iphone/image-20120607225224.png
iphone/image-20120607225310.png


スピリット・オブ・フリーダムです。
とても花弁数が多い。
そのためにとても花が重いので、真下を向いてます。
ライラック色を帯びた花色が神秘的!
iphone/image-20120607225228.png


ヘリテージです。
美人薄命といわんばかり。
きれいな花形ですが、すぐにハラハラと散ってしまう。
そんなに急がなくても。。。2日から3日の命です。
iphone/image-20120607225235.png


母の日はとっくに過ぎさりましたが、
マザーズデイです。
これはピンク・マザーズデイ。
ミニバラのような小さな花です。
iphone/image-20120607225244.png


今日の最後はバラではなく、カンパニュラ。
オトメギキョウです。

iphone/image-20120607225251.png

いつもバラのシーズンに、バラの下草として咲くので、お伝えすることができませんでした。
しかしながらこの花、素晴らしい花です。
小さくて可憐です。植えっぱなしにしても、5月にたくさんの花を咲かせます。
花色は高貴な紫色、可愛いベル型の花、その上手間いらず。
宿根草です。いったい何年の寿命があるのでしょうか?
うちではもう5年咲いてます。
この先も咲き続けてほしいものです。



続きはまた明日。。。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

アンティーク・レース 2012

わが家のバラも、もう終わりかけ。
花を付けているバラが少なくなりました。

今咲いているバラのご報告もこれで最終回。

今日のバラは、アンティーク・レースです。

iphone/image-20120606220841.png

これがほんとに小振りな花。
直径3センチ程度。

iphone/image-20120606220837.png

アプリコットの花色です。
外側のライト・グリーンの花弁との対比もいい感じです。

そして、バックグラウンドのブルーのビオラとも好相性。
そのコントラストの美しいこと。

iphone/image-20120606220821.png

この小振りな、可愛らしい花は、
波打つような花弁を抱えるようにして咲いて、
大きく開ききってしまうようなことはありません。

iphone/image-20120606220826.png

樹高も低い。
草であるビオラに、ほとんど埋もれてしまってたりします。

iphone/image-20120606220833.png

樹全体が、小振りで可愛らしいこのバラ。
まるで可憐な少女のようです。

飾らない、清楚な可愛らしさがあります。

iphone/image-20120606220846.png

純真で可憐な少女だからでしょうか。
本当に身体が弱い。

ふと見ると、葉っぱに黒い点が現れて、
あーまた黒星病ー。
それでたくさんの葉を落としてたりします。

暑い夏にはグッタリ、食欲もなさそうで・・・

成長はとてもゆっくりで、樹勢は弱く。。。

iphone/image-20120606220850.png

こんな風に、男性の守ってあげたい心を、
強烈に揺さぶってくれるこのバラ。

父性本能をビンビンに呼び覚ましてくれますね。
もう、他のバラはさておいて、このバラだけには除菌剤を撒いてあげたりしてます。

とってもいとおしい、アンティーク・レースです。





















posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。