2012年06月26日

純米大吟醸 玉乃光!

日本料理人の高橋拓児さんのレシピです。
絹ごし豆腐のステーキ、肉味噌ダレを作りました。

絹ごし豆腐です。
フライパンのお湯の中で、5分暖める。

iphone/image-20120626224502.png

この絹ごし豆腐を水気を切ってから、フライパンで焼いて焦げ目をつけるのですが、
これがなかなか大変です。(水分が多いので焦げ目がつかない)

タマネギ、しいたけ、人参を刻みます。

iphone/image-20120626224506.png


牛ひき肉を炒めてから、この野菜を加えて更に炒めます。

iphone/image-20120626224509.png

出汁カップ1/2、味噌大さじ3、みりん大さじ2、酒大さじ1を加えて3分程煮て、
水溶きかたくり粉を加えてトロミをつけます。

これを焼いた豆腐にかけて出来上がり。

水分の多い絹ごし豆腐に焦げ目をつけるのは、とても大変です。
うまく焦げ目がつきませんでした。

iphone/image-20120626224513.png

このレシピ、美味しいのですが何か足らない。。。
なんでしょう?
高橋さんは和風麻婆豆腐といっていましたので、山椒を振りました。
そうするとピリッとして、ちょっとまし。
唐辛子を使って、ピリ辛にしてもいいかもです。

高橋さんにしては未完のレシピのようで、ちょっと残念!

気をとり直して、きょうのお酒は、
京都伏見のお酒です。
玉乃光酒造の純米大吟醸 備前雄町100%

iphone/image-20120626224516.png

幻の酒米といわれる備前雄町米を100%使用しているとのこと。
酒米として有名な山田錦はこの備前雄町の孫にあたるとか。

酸味と旨味のバランスがとてもいい、美味しいお酒です。

天然の酸味の利いたうまい酒。
一升瓶の裏には、日本酒の味の特徴として、
日本酒の辛口度(ドライ)は酸によって決まると書かれていました。
それによる、分類は以下の通り

@ 酸 = 糖   うすい甘口

A 酸 <    重い甘口

B  =    コクのある辛口

C  > 糖   淡麗な辛口

という4種の分類です。

この玉乃光 純米大吟醸はBのタイプです。
甘みもあるけど、酸がしっかりしているのでコクのある辛口となるとのこと。。。

なるほど・・・それなので純米大吟醸なのに甘くない。

わたしがよく青森で飲んでいる日本酒は純米大吟醸となるととても甘く、
甘さに酔ってしまいそうなほどです。
青森県の有名な地酒である、田酒も、豊盃も、亀吉も、如空も完全にAのタイプです。

どうでしょう?
この違いは、気候によるものなのでしょうか?
白ワインは冷涼な気候であるほど、フレッシュでシャープな酸を感じるワインとなりますが、
日本酒は逆なのかも。。。

北日本のお酒に、しっかりとした酸を感じるものは少なくて、
伏見とか灘とか、それよりも南の地方にはしっかりした酸味がある。。。

わたしにとっては、ちょっとした発見でした。

みなさんはどう思われますか?





posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(4) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。