2012年07月31日

日本のワイン シャトーブリヤン・ミュール!

先日、家から車で出掛けたショッピング・モールに、
くろがねやという巨大なホームセンターがありました。

このホームセンター、よく見るとワインの販売コーナーがあります。
なんで、ホームセンターでワイン???
と思って立ち寄りました。

「なんで、ホームセンターでワインなの?」
「いやーねえ、この「くろがねや」ってホームセンターは山梨の会社なんですよ。
 それでね。地元から山梨ワインをぜひ扱ってくれと言われましてね。
 山梨のワインを販売してるんです。」
「へー、山梨なんだ・・・」
「いや、それがね。山梨のワイン売ってたら、お客さんが長野のワインも売って欲しいって、
 要望が多くてね、それで今では長野のワインも扱っているんです。」

これは、珍しいですね。山梨ワインと長野ワインの専門店でした。

そのくろがねやのワイン売り場で買い求めたのがこちら!

シャトーブリヤン・ミュール。

シャトーブリヤンって、ステーキなの???みたいな名前ですが、
ちゃんとワインです。
株式会社サドヤ製造のワインです。

ミュールはフランス語で、果実が熟したという意味らしいです。
ノー・ヴィンテージです。

iphone/image-20120731213403.png

このワインは、驚きの連続でした。
使われているブドウは、サドヤ農園産のカベルネ・ソーヴィニヨン100%なのですが、
グラスに注いだ、この色といい、香りといい、味わいといい、
どこからどう見ても、感じても、味わっても、
カベルネ・ソーヴィニヨンのワインではありません。

そうこれは、紛れもなくピノ・ノワールのワインです。
ピノといっても、ブルゴーニュではなくて、
ドイツやニュージーランドのピノの感じです。

赤い果実の香り、上品な酸味、イチゴキャンディーのような果実味、
うまみたっぷりな出汁の感じ、
日本らしくしょう油のニュアンスもあります。
これは、絶対ピノですね。

ワインの分かる人に、是非、ブラインドで味わってもらいたい。
もうこれは、ぜったいピノです。。。
このワインを捕まえて、カベルネ・ソービニヨンって判る人はおそらく皆無でしょう?

カベルネソーヴィニヨンもピノノワールのワインになってしまう、
ジャパニーズ・マジック、東洋の神秘です (^_-)-☆

そして様々なヴィンテージをブレンドしているので、ノンヴィンテージなのしょうが、
このワインはとても美味しいです。
これで、2,100円。お買い得です。

皆さんも是非お試しあれ!
このワインを飲まれた方、感想を募集中です。



それから、もう1品。
ルミエール 南野呂 甲州 2011

iphone/image-20120731213408.png

甲州和飲と書いてあります。
この甲州は美味しいです。

淡い麦わら色。甲州にしては、しっかりと色があります。
ライム、レモン、グレープフルーツのような柑橘系の、上品かつパワーのある酸味が特徴です。
この酸味のおかげで、このワインは上品でとても高貴な仕上がりとなっています。
ミネラル感もあってとても美味しいです。

こちらのワインもブラインドで味わって、
甲州とわかる人はかなり少ないのでは・・・ないかな?

ルミエール 南野呂 甲州 2011 1,680円です。

こちらもお薦め、甲州が国際品種であることがよく分かりますよ!
機会があったら、試してみてください。



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

レモンの恋人!

レモンの木が大きくなりました。

葉っぱを触っているだけで、ほんとレモンのいい香り。
レモンって、葉がこんなに香るものなのね。。。

レモンの香りのハーブは、レモングラス、レモンバーム、レモンバーベナ等々、
沢山ありますが、レモンの葉っぱはなんと言っても本家本元、元祖レモンです。

レモンの葉はきっと、ハーブとして使えるに違いない!
今度ためしてみよう〜っと(紅茶に入れてみるか)

こんな香りの良いレモンの葉っぱですから、香りも遠くまで漂って。。。
気がつくとアゲハの幼虫がくっついています。

見つけると捕殺しましすが、あまりに大きくなっていると、
可愛くてかなり躊躇します。

捕殺ばかりではかわいそうなので、今年は育ててみることにしました。
大きな幼虫は、ハチの幼虫に寄生されている可能性が高いので、
小さなうちに捕まえました。

これで、5、6ミリの体長です。
鳥の糞を擬態してます。

iphone/image-20120730222606.png

鳥の糞のまねをするれば、鳥に食べられないだろうなんて、
誰が考えてそうする事にしたのか、とても不思議です。

この状態では、キアゲハなのかクロアゲハなのか、
わたしにはよくわかりません。

大きくなれば自然とわかりますね。

この子を育てるために、家の中を捜すと、虫かごが3つも出てきました。
これは昔、子供が小さかった頃に、カブトムシを飼っていた虫かごです。

iphone/image-20120730222601.png

子供が小さかったのはかなり前、にもかかわらず、
こんな虫かごを3つも、引越しの度に、持ち歩いていたなんて・・・
いったいなんのため???

でも、こうして役に立つこともあるのです。

夏休みの宿題の、アゲハの幼虫観察日記(理科研究です)、
大きな小学生のわたくしが、これからたびたびお届けする予定です。

お楽しみにーーー!





posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

スイカのフルーツポンチ!

夏本番で、毎日暑いです。

暑い夏は、タイ料理がいいですね。
わが家の夏の定番、ガパオです。

ガパオとはひき肉とバジルの炒飯。
もちろんバジルは庭から取ってきた新鮮バジル。

ニンニク、鷹の爪、タマネギ、鶏ひき肉、ピーマン、パプリカを炒め、
オイスターソース、スウィートチリソース、ナンプラー、しょう油で味付けして、
最後に生バジルをドサッと入れて出来上がりです。
目玉焼きを乗せてね!

iphone/image-20120729213202.png

コンソメ野菜スープと共にいただきます。

iphone/image-20120729213207.png

このガパオ、とっても美味しく、食欲のない夏でもあっという間に食べらますが、
今日の主役は、スイカです。

今はスーパーでカットされたスイカを売っているので、
スイカを丸ごと1つ買うことはなくなりました。
1/4ぐらいの大きさがせいぜいかな・・・

でも、わたしが子供の頃は、スイカというものは、まるごと1つ買うのが普通でした。
スイカがお風呂場で水に浸かって冷やされていたり、
冷蔵庫の大部分を占領していたりしましたね〜。

そして、そのスイカを半分にして、お砂糖を入れて、
スイカポンチを作ってよく食べてました。

先日、実家に帰っていつものようにたくさんの手造り野菜をもらってきましたが、
今年は大玉のスイカを作ったとのことで、スイカをもらってきました。

スイカを見ているうちに、子供の頃に食べたスイカポンチを思い出して、
作ってみることにしました。

フルーツポンチです。
スイカをくりぬいて、端をギザギザに加工します(見栄えをよくするのですね!)
メロン、バナナ、パイナップル、キウイをカットして入れまして、
ナタデココを加えます。

iphone/image-20120729213211.png

今回は大人仕様のフルーツポンチなので、
キリンレモンのようなサイダーをシロップに使ったりはしませんよ。。。

使ったのはこちら、フレシネです。

iphone/image-20120729213214.png

フレシネと白ワインと砂糖でシロップを作りました。
大人の味のシロップですね。

とてもゴージャスで美味しいフルーツポンチが出来ました。

このフルーツポンチを2杯ほど食べたなら、
ほろ酔い気分で、
上々な出来上がりです。

夏の果物で身体も冷えて、暑さも吹き飛びますよ!

少人数で完食は厳しいですが、パーティーなどでは、とってもいいかも。。
皆さんも、ぜひお試しあれ、!






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。