2012年07月26日

中野のBAR、天のチキンカレー!

今日は中野に行ってきました。

今日はなんだかとても暑い!
外を歩いているだけで、身体がのぼせてしまうようです。
まるで熱い風呂に浸かっているみたい。
フー。。。

そんな日のランチは、やっぱりカレーでしょう!

と、言う訳で中野のBAR&RESTAURANT、「天」に行きました。

昼間からBAR?
と思うなかれ、このBARランチは名物のカレーです。


中野駅から近いのに、そこは住宅地。
そんなロケーションに、BARとは思えない佇まいです。

iphone/image-20120726213928.png

まるでタイ料理のお店のような雰囲気ですが、
中はカウンター主体の小さなBARです。

ランチのメニューです。
お料理はチキンカレーかタコライス。

iphone/image-20120726213917.png

チキンカレーはなんと450円という安さ!
もちろんオーダーはこのチキンカレー。

iphone/image-20120726213921.png

チキンの手羽元が2つ入ってます。
とても柔らかで、お肉がきれいに骨からはがれます。
美味しいですね。

カレーは野菜と果物の甘みにあふれた、欧風カレーといった味わい。
一口食べた印象はホテルカレーのようですが、
なぜかハッとする苦味があります。
この苦味はなんでしょう?ピーマンでしょうか?

このカレータマネギ等の野菜や果物をフードプロセッサーにかけて、
カレーに入れて煮込んでいるような感じです。
この野菜と果物の配合がポイントかな。。。
そしてかなりスパイシー。
直接的な辛さではありませんが、あとからピリピリきます。
香りもスパイシー。
身体に付いた匂いが、かなりの時間消えませんでした。

そして大根のマリネ。30円!
小皿に山盛り。
大根の甘酢漬けですが、甘さは控えめ。

iphone/image-20120726213925.png

しめて480円でこのクオリティ。
それもそのはず、中野の逸品グランプリ2011 で堂々の第3位を受賞しました。

これは食べてみる価値ありですよ。

みなさんも中野に行かれたら、
「BAR&RESTAURANT 天」 の
深辛チキンカレー、
是非食べてみてくださいね!





総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0







posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

青森の鮨処 すずめ!

これまで、数多くの青森の夜を過ごしましたが、
それも今宵で最後かもしれません。

青森の肴とお酒。。。

ずいぶんと楽しませてもらいました。

最後の青森の夜に訪問したのは、
鮨処 すずめ です。

iphone/image-20120723212957.png

和風モダンな造りのお店です。
店内にはジャズも流れて、ちょっとオシャレ。

カウンターに座って、エビスを頼むと、出てきたお通しにビックリしました。

iphone/image-20120723213001.png

この今別産のむらさき雲丹が、お通しでした。

身もたっぷり。甘くて美味しいです。
iphone/image-20120723213004.png

それから、岩牡蠣を。。。
前に食べたものよりもちょっと小振りですが、
シルクのように透き通る、牡蠣がとってもキレイ。
そして美味しい。
iphone/image-20120723213007.png

日本酒も頼んで、おつまみの最後は穴子です。
煮穴子は、ほんと日本酒に合いますよね。
iphone/image-20120723213010.png

せっかくお鮨屋さんに来たので、地魚の握り 12貫 4,200円をお願いしました。

のどくろ と いしなぎ 
いしなぎはめったにあがらない高級魚との説明でした。
身がコリコリして、歯応えがすごい!
iphone/image-20120723213014.pngiphone/image-20120723213017.png


天然マス と 日本海のボタン海老
天然マスは脂がいい感じで乗っています。
サーモンのような、これ見よがしの脂でないところがいいです。
iphone/image-20120723213021.pngiphone/image-20120723213024.png


天然車海老 と 赤貝
車海老は塩でいただきます。
ボイルのエビは生エビとは違った甘さがあります。
その甘みがお塩で引き立ちますね。
iphone/image-20120723213027.pngiphone/image-20120723213031.png


ミズダコ と 雲丹
ミズダコは塩で。 柚子の香りがします。
青森などの北の海のタコはミズダコです。
明石のタコみたいな、身のしっかりとしたタコとはかなり違いますね。
iphone/image-20120723213034.pngiphone/image-20120723213037.png


真イカです。
やはり塩で。こちらも柚子の香り。さっぱりといただけます。
iphone/image-20120723213040.png


そしていよいよ大間のまぐろ。
赤身 と 中トロ。
さすがの美味しさ。やはり青森といえば大間のまぐろでしょうかね。
iphone/image-20120723213046.pngiphone/image-20120723213043.png


最後に梅しそ巻きを、追加注文しました。
iphone/image-20120723213050.png

いやいや堪能しました。
ビール飲んで、日本酒(純米吟醸)2合を注文して、
これだけ食べて、しめて8,900円。

大満足の、青森最終夜となりました。

でも・・・このお店はまた行きたいな!
今度はプライベートかあ〜?




鮨処 すずめ
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0 酒・ドリンク:3.0






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(4) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

ねぶたの家 ワ・ラッセ!

青森の夏といえば、ねぶた祭り。
今年も8月2日(木)から7日(火)まで開催されます。

仕事で何度も青森を訪れているので、
ねぶた祭りは1度は見てみたい祭りです。

でもこの祭りの時期は仕事にならないし、だいいち宿が取れないので、
今年も祭りを見ることはできません。。。
あー、残念です。

なので、気分だけでも味わおうとして、昨年青森駅の近くにオープンした、
ねぶたの家 ワ・ラッセに行きました。
何度もこのブログで採り上げている、A-FACTORYの隣にありますよ。

斬新なデザインの展示施設です。
iphone/image-20120722223037.png


ねぶたホールには、昨年の祭りに出陣した大型ねぶたの内、5台が展示されています。

まずは「水滸伝 洪信、百八の魔王を放つ」と題されたねぶたです。

iphone/image-20120722223043.png

伏魔の殿という社に封じ込められていた、百八人の魔王が解き放たれた瞬間です。
魔王とはいっても、後に悪政と対決する英雄たち。

どっかの省庁の伏魔殿にいるはずの魔王も、本当に悪政と戦ってくれたたらいいのにね・・・

iphone/image-20120722223108.png

魔王たちは、凄い迫力ですね!
たぶん水滸伝に出てくるのでしょうが、亀がいるのがちょっとユーモラス。

続いて、「滝不動」というねぶたです。
最優秀製作者賞受賞です。

iphone/image-20120722223048.png

滝の中に炎に包まれた、不動明王の姿を見た! ということらしい。。。
滝の水が流れていますね。


続いては、「韋駄天」。
優秀製作者賞のねぶたです。

宝剣を口にして、鬼を蹴散らしながら奔走する韋駄天。
iphone/image-20120722223052.png


韋駄天に蹴散らされた、赤鬼さん。。。
iphone/image-20120722223057.png


同じく韋駄天に蹴散らされた、青鬼さん。。。
iphone/image-20120722223101.png


「四神降臨 白虎と青龍」
優秀製作者賞のねぶたです。

四神の降臨を拝し、森羅万象の平穏を願うという作品です。
iphone/image-20120722223104.png

画かれているのは、白虎神と青龍神です。
この他に玄武神と朱雀神もいます。これで四神です。


「火天水天」というねぶたです。

火の神と水の神です。
どちらも生活に欠かせないもの。自然環境への感謝を表しているそうです。
iphone/image-20120722223112.png

ねぶたの実物を、わたしは初めて見ました。
とても大きくて、立体なので、凄い迫力です。

構造の展示もありました。
針金で骨組みを作り、そこに和紙を張って着色したものを、
内側から電灯で照らすという仕組みで、
いってみれば、ハリボテです。

ただこの巨大なねぶたが、
沢山の人々の威勢のよいラッセラーという掛け声と、
祭りのお囃子とともに、豪快に街を運行する様は、
まさに圧巻でしょう!

ほんとうにいつか見に行きたいですね。

青森市のねぶた祭り、みなさんは行ったことありますか?

posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。