2012年07月20日

空から東北を見てみよう! その2

空から東北を見てみよう! その2です。

何度も搭乗している羽田―青森便ですが、
天気が良くて、地上がはっきり見える日はあまりありません。

今は夏空で、湿気が多くて、視界はクリアとはいきませんが、
今回のフライトでは地上が見えたので、写真を撮りました。

せっかくの絶景なのに、離陸時と着陸時の
電子機器が使えない時間帯が残念。

いつものJAL Express の機体も新生JALの塗装に変わりました。
1週間前には、古い塗装だったのに、
今回はペンキ塗りたてという感じに、輝いてました。

おなじみの鶴丸も復活です。

iphone/image-20120720233359.png

この鶴丸3代目だそうですが、JALのロゴタイプや鶴のくちばしの角度など、
以前と違うって知ってました?
微妙な違いなんですけどね。その違いに意味もあるようです。

航空業界は厳しいですが、まあ、新生JALにはがんばってもらいたいものです。



夏の空の一番の特徴は、入道雲ですね。
モクモク、ニョキニョキと成長していきます。
それがとても面白いです。

そして、見えてきたこの雲は。。。
そう、この雲はまるで、天空の城ラピュタの雲です!

iphone/image-20120720233404.png

この雲の中に、ラピュタが隠れているんです。(分かるかな?)

すごい大きな入道雲のかたまりですね。



なんと、ハート型の池を発見!

iphone/image-20120720233409.png

これはどの辺りの上空でしょうかねえ。。。
栃木県あたりかな?

何のための池で、なんでハート型をしているのか、
ご存知の方は教えてね。
地上から見たらどうなのでしょうか。




今回の席は、日本海側だったので、鳥海山が見えました。
鳥海山は山形県と秋田県の県境にそびえる活火山です。

iphone/image-20120720233413.png

山頂に雲を頂いています。
そして、まだ雪渓があるのでしょうかね?雪のように見えます。
優美な姿の山です。




空から眺めた、男鹿半島と八郎潟。
太陽に照らされて、日本海がキラキラと輝いています。

iphone/image-20120720233417.png

その輝きによって、男鹿半島がくっきりと浮かび上がっています。
その手前に人工的な大運河のように見えるのは、八郎潟調整池です。

地図で見てみると、全く同じ形をしてるので、すぐに分かります。


ちょっと想像力を働かせると、飛行機の小さな窓から見える、
地上の風景はとても面白い。

みなさんも、小さな発見してみてね!



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

ハーブ酵母のフォカッチャ!

先日のハーブ酵母で焼いたパンの出来に気を良くして、
再びチャレンジしてみました。
今回は落ち合いシェフのレシピのフォカッチャを目指しましたよ。

また庭先のハーブ(ローリエ、ローズマリー、レモンバーム)を摘み取ってきて、
ハーブ酵母水を作ります。

ハーブ酵母水が出来たところで、
1次発酵を行うわけですが、
今回はフォカッチャなので、強力粉300g、薄力粉100gの割合で小麦粉を使います。

強力粉はパンらしいモチモチ感、
薄力粉はサクッとした食感を出すとのこと。

この小麦粉にバター20g、オリーブ油20cc、砂糖15g、塩小さじ1の割合で混ぜます。

そうそうハーブ酵母水は230cc、そして生地をしっかりこねます。


前回よりも1次発酵は順調に進み、生地が3倍程度に膨らみました。

iphone/image-20120717220156.png

これを器に拡げて2次発酵を行い、
指でプツプツを穴を開けて、オリーブ油をたっぷりとかけます。

190度のオーブンで焼き、色が付いてきたら
ローズマリーの葉を乗せ、塩を振ります。

それから、更に焼き色が付くまでオーブンに入れます。

そして、出来ました。

iphone/image-20120717220159.png

ちょっと指で深く穴を掘りすぎましたが(フカフカなもので、ついね・・・)、
ちゃんとできました。

iphone/image-20120717220202.png

薄力粉を入れた分だけ、サクッリ感が出たようです。

ローズマリーの香りも食欲をそそりますね。

焼き立てよりも、少し時間が経って、
オリーブ油が生地に染み込んだ状態の方が、しっとりして美味しいようです。

ハーブ酵母で作ったフォカッチャ、
その手造り感がいいですね。

なんだか、パン作りというのは、面白いようです。








posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

ディルとレモン

家の庭です。

梅雨の湿気に備えて、刈り取った下草ですが、
その下草を刈ったスペースに今年は何を植えようかと、
いろいろ考えて、ディルにしました。

昨年はルッコラとイタリアンパセリ。

今年はディルです。
ディルの種を蒔いたら発芽しました。

iphone/image-20120716222718.png

可愛らしい小さな芽です。

二葉が開いて、本葉がでてきました。
この小さな本葉も、ちゃんとしたディルです。
ディルの味がしますよ。

種から育てると、小さな芽を出しますが、
とても沢山芽をだすので、必ず間引きが必要です。

間引きをしながら、この小さなディルを食べています。
爽やかで、スパイシーで、甘くて、エスニックなディルの味が
とても良い!

iphone/image-20120716222722.png

早く大きくならないかな。
サラダや魚料理に欠かせないハーブとして、
このディルを使うのが楽しみです。

ディルの向こうに写っているのはバジル。
バジルは夏の定番のハーブ。
ことしもお世話になります。



今年のわが家の果実の状況です。
オリーブは沢山の花が咲きましたが、
実をつけたのはほんのわずか。

目下のところオリーブは枝葉を伸ばすのに一生懸命で、
結実しようとは思ってないみたい。。。

でもそれはそれで、仕方のないことですね。
時期を待つのはとても大切なことです。

一方レモンですが、今年の冬の寒さで大きくダメージを受けたレモン。
この寒さにレモンはかなり危機感を感じたらしく、
ことしは沢山の花が咲き、沢山の実をつけました。

iphone/image-20120716222725.png

そのためまだ小さなうちに多くの実を間引くことになりました。
だいたい葉っぱ20枚にレモンの実1つの割合とのことです。

そのレモンもだんだん大きくなってきました。

iphone/image-20120716222728.png

レモンの木はその実だけでなく、葉っぱも茎も含めて木全体にレモンの香りがします。

実を間引いたり、剪定をする時にレモンの香りをかぎますが、
カリフォルニアの輸入レモン等と香りが全く違うのでちょっと驚きます。

輸入レモンとくらべると、もう少し甘く、もう少しオイリーで、
ライムが混ざったような香りがします。

まだまだ小さな実だからでしょうか?
それとも品種が違うのかな?

今年のレモン、順調に大きくなっているので、収穫が楽しみです。
どうやって食するか、いまから考えなくちゃね!











posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。