2012年07月08日

しんちゃんの洋風ちらしずし!

きょうのお料理は、寺田真二郎さん、略して 「しんちゃん」 のレシピです。

images.jpg

しんちゃん、爽やかで誠実そうで、とってもイケメンですね。
かわいい〜〜〜っ!!

そしてきょうの料理もとってもさわやか!
洋風ちらしずしです。

このお料理の一番の特徴は、すし飯を作るのに、
すし酢ではなくグレープフルーツ果汁をつかうところです。

まずはクレープフルーツを搾ります。
スクウィーズ(懐かしいです)します。
iphone/image-20120708214807.png

グレープフルーツ果汁を大さじ2
砂糖小さじ2
白ごま小さじ2
塩小さじ1/2
を、茶碗2杯分の暖かいご飯に混ぜます。

iphone/image-20120708214811.png

すし飯を作る要領で!
出来上がったすし飯は、通常のすし酢で作るよりも、
やさしい味に仕上がります。
グレープフルーツの味と香りは遠いので、
グレープフルーツの酸味を利用しているとは思えません。
とても美味しいすし飯になりますよ!

さすが、しんちゃん。

iphone/image-20120708214813.png

このすし飯に大葉と茗荷を千切りにしたものを乗せます。

iphone/image-20120708214828.png

アボカドを1.5センチ角ぐらいに切りまして、
iphone/image-20120708214816.png

お刺身は何でも良いです。
今日は本マグロの赤身と、イカ、それから旬の生シラスを使いました。

iphone/image-20120708214820.png

これにも、グレープフルーツの搾り汁を大さじ1、
しょう油小さじ2
わさび適量
を混ぜて、これらの具とあらかじめ、あわせます。

iphone/image-20120708214825.png

これらの具を先ほどのすし飯に乗せたら出来上がりです。
青ネギときざみ海苔を散らしました。

iphone/image-20120708214831.png

お花畑のようなちらしずしを作った、しんちゃんの出来上がりとはちょっと違うけど、
この洋風ちらしずしは、ちょっと驚きの美味しさです。

穀物酢も米酢も使っていないので、酸味がとてもマイルド。
そしてグレープフルーツの果汁が、魚の生臭さを完全に消臭してしまうので、
魚が全く生臭くない!
ちょっと驚きの効能です。
たぶんどんな海鮮でもOK。
生シラスも美味しいです。
前にネギトロでやってみましたが、ネギトロも抜群の美味しさ。

しんちゃんのレシピは粒マスタードだけど、うちはわさびを使ってます。

この洋風チラシにの上に、生卵の黄身をのせても、温泉卵を乗せても、
またはサイコロ状にカットしたクリームチーズを乗せてもとっても美味しい。

寺田真二郎さんこと、しんちゃん。
これからも頑張ってくださいね。

応援してますよ!

(言っておきますが、わたしはそっちの趣味ではありません。悪しからず・・・)


posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。