2012年07月13日

信州上田の刀屋!

出張で長野県に行ってきました。

新幹線「あさま」を下車し、乗り換えのため上田駅に降りました。
ついでに上田でランチです。

きょうは上田駅からちょっと歩いて、刀屋さんというそば屋さんに行ってきましたよ。

iphone/image-20120713214718.png

このおそば屋さんは、とにかく凄い!
なにが凄いって、その量がすごいのです。

注文したのは、真田そば。
上田は真田衆の本拠地。
駅を降りると、あちらにもこちらにも、
真田家の六文銭の旗印があります。
六文銭は三途の川の渡し賃ですね。
決死の覚悟ということです。

iphone/image-20120713214724.png

見てください。
このそばの量!
もうビックリです。

これが普通盛り。
直径20センチはあるざるに、そばが山盛り。

普通のざるそばの4杯分はあるのではないでしょうか?
男性のわたしでも、ちょっとひるむ量です。
食べきれるのでしょうか。

食べるのも決死の覚悟。
さすが六文銭の真田そばです。

iphone/image-20120713214727.png

後ろのテーブルのおじさんが、ざるそば大盛りと頼んだら、
店のおばさんに、大盛りだと蕎麦が1キロぐらいあるから
やめたほうがいいですよと言われてました。
食べてる途中でも、大盛りにできるからと。。。

すごいですね。

田舎そばですが、太さもふぞろいの、太い麺です。
ほんとうに田舎の民家で手造りしたものを、
食べているみたい。


それで、真田そばとはいったい何?
普通のそばとなにが違うのかと思っていると、

iphone/image-20120713214732.png

信州味噌になめこと鰹節を入れた器に、
冷たいだし汁を入れてよく混ぜ、
それに普通のそばつゆを少し、かくし味程度に加えてつゆをつくり、
それにそばをつけて食べるのです。

要するに冷たい味噌味のそばつゆ、ということです。

まあ、これはこれでありですね。

普通のつゆも付いてくるので、味噌味のあとは、普通の辛口のそばつゆで。

これだけの蕎麦の量があると、
途中でつけ汁に変化があったほうが食べ飽きなくていいかも。


こちらのおそば、わたしが普段食べている繊細で洗練されたそばとは全く別物ですが、
無骨で力強いそばを食べたいならば、ピッタリなお店です。

ランチタイムには行列ができるくらいの人気店であるこのお店。
来店客は、これはもうみごとなくらい、おっさんばかりです。

そばが大好きで、そばを腹いっぱい食べたいと思っている、
おじ様たちで溢れています。
まさにおじ様の聖地。

上田にそば好きおじさんの聖地あり。
女性には、小盛りをおすすめします。

みなさんも上田に行かれたら、刀屋のそば。
ぜひどうぞ。

刀屋
総合:3.0

料理・味:3.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:4.0



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。