2012年07月23日

青森の鮨処 すずめ!

これまで、数多くの青森の夜を過ごしましたが、
それも今宵で最後かもしれません。

青森の肴とお酒。。。

ずいぶんと楽しませてもらいました。

最後の青森の夜に訪問したのは、
鮨処 すずめ です。

iphone/image-20120723212957.png

和風モダンな造りのお店です。
店内にはジャズも流れて、ちょっとオシャレ。

カウンターに座って、エビスを頼むと、出てきたお通しにビックリしました。

iphone/image-20120723213001.png

この今別産のむらさき雲丹が、お通しでした。

身もたっぷり。甘くて美味しいです。
iphone/image-20120723213004.png

それから、岩牡蠣を。。。
前に食べたものよりもちょっと小振りですが、
シルクのように透き通る、牡蠣がとってもキレイ。
そして美味しい。
iphone/image-20120723213007.png

日本酒も頼んで、おつまみの最後は穴子です。
煮穴子は、ほんと日本酒に合いますよね。
iphone/image-20120723213010.png

せっかくお鮨屋さんに来たので、地魚の握り 12貫 4,200円をお願いしました。

のどくろ と いしなぎ 
いしなぎはめったにあがらない高級魚との説明でした。
身がコリコリして、歯応えがすごい!
iphone/image-20120723213014.pngiphone/image-20120723213017.png


天然マス と 日本海のボタン海老
天然マスは脂がいい感じで乗っています。
サーモンのような、これ見よがしの脂でないところがいいです。
iphone/image-20120723213021.pngiphone/image-20120723213024.png


天然車海老 と 赤貝
車海老は塩でいただきます。
ボイルのエビは生エビとは違った甘さがあります。
その甘みがお塩で引き立ちますね。
iphone/image-20120723213027.pngiphone/image-20120723213031.png


ミズダコ と 雲丹
ミズダコは塩で。 柚子の香りがします。
青森などの北の海のタコはミズダコです。
明石のタコみたいな、身のしっかりとしたタコとはかなり違いますね。
iphone/image-20120723213034.pngiphone/image-20120723213037.png


真イカです。
やはり塩で。こちらも柚子の香り。さっぱりといただけます。
iphone/image-20120723213040.png


そしていよいよ大間のまぐろ。
赤身 と 中トロ。
さすがの美味しさ。やはり青森といえば大間のまぐろでしょうかね。
iphone/image-20120723213046.pngiphone/image-20120723213043.png


最後に梅しそ巻きを、追加注文しました。
iphone/image-20120723213050.png

いやいや堪能しました。
ビール飲んで、日本酒(純米吟醸)2合を注文して、
これだけ食べて、しめて8,900円。

大満足の、青森最終夜となりました。

でも・・・このお店はまた行きたいな!
今度はプライベートかあ〜?




鮨処 すずめ
総合:3.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0 CP:3.0 酒・ドリンク:3.0






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(4) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。