2012年08月29日

夏のバラ!

8月ももうすぐ終わり。
このところの残暑でグッタリなんて方もいらっしゃると思います。
でも朝晩は涼しさを感じることもできるようになりました。

四季咲きのバラは、残暑の中でもけなげに花を咲かせていますよ。
暑いのによく頑張ってます。

シャリファ・アスマ
image-20120829050312.png

全般的に花は小振り。
気温が高いので、すぐに成長して、
すぐにつぼみになって、
すぐに咲く。
なので小さい花。

レオナルド・ダ・ヴィンチ
image-20120829050645.png

花の寿命もとても短い。
その上、花を食べる5ミリ程の丸い形をした昆虫がいて、
(残念ですが、写真はありませんよ)
この昆虫がよってたかって花をムシャムシャ!
この虫、後ろ足でピョンピョン跳ねる上に飛びます。
いったいなんて名前の昆虫なんだろう?

ウィンチェスター・キャシードラル
image-20120829051339.png



最後に今朝の素晴らしい朝焼けを。
image-20120829051445.png

東の方角に雲があると、朝焼けが輝きます。









posted by ピコティ at 05:18| 東京 ☀| Comment(4) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

トウモロコシの冷製ポタージュ!

夏は冷たいスープが美味しいですね。

今日は脇 雅代さんのレシピの、
トウモロコシの冷製ポタージュです。

素材の声を聴くという姿勢の脇さんのレシピはとても美味しく、
何度も作りたくなるレシピでお気に入りです。

このトウモロコシの冷製ポタージュもとても美味しい。
トウモロコシの甘味が最大限引き出されています。

まずは、水をくぐらせて湿らせたトウモロコシ2本に軽く塩を振ります。
それをラップでくるんでレンジで4分。
1分間蒸らしたら、上下を返して、更にレンジで2分。
image-20120828053318.png

ラップごと3つに切って、ラップをはずし、
かつら剥きのように、実を切りはずします。
とても熱いので、気を付けて!

タマネギ半分をスライスして油をひいた鍋にいれて、
塩を小さじ1振ります。
塩でタマネギの水分が出るので、その水分で蒸し煮しする感じです。
image-20120828054421.png

タマネギに火が通ったら、チキンスープを300CC入れます。
トウモロコシを入れて、弱火で10分煮ます。
ここで野菜の旨味を引き出しますよ。
image-20120828060843.png


胡椒を少々振ったら、牛乳200CCを入れてミキサーにかけます。
なめらかになったら、粗熱をとります。
image-20120828055024.png

粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷たくなるまで冷やして出来上がり。
トウモロコシの粒を少し残して飾りにしてね。
image-20120828055230.png

このポタージュが本当に甘い!
トウモロコシとタマネギの甘みが凝縮されています。
味付けも、最初にトウモロコシに振った塩と、
タマネギを炒める時に使った小さじ1の塩のみ。
この塩加減が絶妙で、味見をして、
もう少し塩を加えたいと思うところをぐっとガマン。

こしたりしていないので、少しざらつき感はありますが、
家庭の味としてはいいのではないかな。

みなさんも是非お試しあれ!






posted by ピコティ at 06:09| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

3種の水餃子!

今日は水餃子を作りました。

今日の料理から、えだもんのレシピのアレンジです。
3種類の水餃子をつくりましたよ。

牛ひき肉とトマトの水餃子。
image-20120827050621.png

鶏ひき肉と香菜の水餃子。
香菜はたっぷりと。
image-20120827050300.png

それから豚ひき肉とニラとキャベツの水餃子です。
image-20120827050828.png

ニンニク、ショウガのみじん切りをいれて、
しょう油、酒、ごま油、塩、胡椒で味付けします。
かたくり粉を入れて下さいね。

これを、水餃子の皮で包みます。
image-20120827051529.png

餃子の具を皮で包む作業は、楽しい作業かな?
それともとても面倒臭い?

最初はよくても、だんだんいい加減になっていきますね。

ごま油をたらした、お湯でゆでていきます。
image-20120827051928.png

餃子が浮き上がってきてから、あと2分ゆでて、取り出して完成です。
image-20120827052155.png
image-20120827052207.png

オイスターソースと酢のベースに、
しょう油と豆板醤を加えたタレでいただきます。

つるっとたくさん食べれてしまうので、食べ過ぎにご注意を。
焼き餃子とは、また違った美味しさがありますね。

香菜と鶏ひき肉の取り合わせはなかなかでした。
香味野菜とお肉の取り合わせをいろいろと変えてみると、
いろんな味のバリエーションができて楽しいかも。

みなさんもお試しあれ!










posted by ピコティ at 05:34| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。