2012年08月14日

真夏のバラ!

毎日暑い日が続きますが、
この真夏の暑さにも負けず、バラが花をつけています。

でも夏の直射日光は強烈で、
バラの花の寿命は長くありません。

熱で花弁が干からびてしまう感じです。

それでも懸命に咲いているので、
切花にしてみました。

image-20120814215438.png

これらは、3種類のバラたちです。
左から、スウィートジュリエット、ウィリアムモリス、ヘリテージです。

image-20120814215759.png

春に咲くバラの花と比べると、かなり小振りな花ですが、
暑さに負けず咲いている、イングリッシュ・ローズは健気ですね。



一方で室内では胡蝶蘭がまだ咲いています。
このブログでもお伝えしましたが、
今年の2月から咲き続けているので、かれこれ6ヶ月。
本当に花期がながーい!
いったいいつまで咲き続けるつもりなのかな?

今年は、この胡蝶蘭も植え替えてあげるつもりだったので、
切り花にして、バラと同じ花びんに活けてみましたよ。

image-20120814220611.png

バラと胡蝶蘭の競演です。
とてもキレイでしょ!

胡蝶蘭は水苔を水に浸して戻してから、
柔らかく根を包み込むように巻いて、植え替えてあげます。

胡蝶蘭、来年も咲いてくれるでしょうか?

干からびる寸前まで水をあげない!
その方針がとても有効のようです。

厳しい姿勢が大切です。





posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。