2012年08月16日

レモンの恋人 観察日記B!

夏休みの、勝手に自由研究、として、
庭のレモンの木につく、アゲハ蝶の幼虫の飼育をしております。

幼虫も大きくなりました。
体色が緑色になって、これで5齢。

image-20120816054018.png

体長も5センチくらい。
大きくなったのに伴って、食欲おう盛です。
レモンの大きめの1枚の葉も、
あっという間になくなります。
まったくどんだけ食べるんじゃ! って感じです。


と思っていたら、様子が変わりました。
普段幼虫は、食物繊維のかたまりみたいなコロコロの糞をしますが、
突然の水の様な糞。
これは、幼虫からさなぎになる合図です。

幼虫期は葉っぱを食べていますが、
蝶になれば、花の蜜を吸うのみ。
今までの消化器官はいらないので、
ここで思い切って、内臓の一部を排出してしまうようです。

そして、さなぎになる場所が決まりました。
レモンの木から離れ、壁を登りじっとしてほとんど動きません。

image-20120816054419.png

上手に体に糸をかけて、体を固定します。
形も変わってきましたよ。

image-20120816055247.png

そして、最後の脱皮!
さなぎになりました。

image-20120816055541.png

さなぎもとっても不思議です。
緑の枝でさなぎになると、緑のさなぎ、
茶色の枝でさなぎになると、茶色のさなぎになるようです。

では、透明なプラスティックでは⁇

プラスティックに傷がいっぱいついて、白っぽいので、
白っぽい緑色でした。
この写真のあと、もっともっと白っぽくなりまたよ。

短期間の急激な変身で、見ていると幼虫も大変なようです。
それにしても、どうしてこんなに苦労して体の形を変えていくのか?
なんとも不思議…

あとは羽化を待つのみ。
アゲハ蝶になるのが楽しみです。




posted by ピコティ at 06:11| 東京 ☀| Comment(4) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。