2012年10月31日

モンジャール・ミュニュレのヴージョ1er クリュ レ・クラ

ヴージョはとても小さな村です。
コート・ド・ニュイの中で面積は最小ですが、
とっても凄い村でもあります。

なんと村のブドウ畑に占めるグランクリュの割合は75%。
大部分がグランクリュなんですね。
このグランクリュはシトー派の修道僧が拓いたクロ・ド・ヴージョです。

プルミエクリュの割合は18%。
グランクリュとプルミエクリュを合計すると93%なので、
村名ワインはわずか7%ということになります。

というわけで、このヴージョにあっては、
村名ワインを探すのが至難の技、
ずっとコート・ド・ニュイの村名ワインの旅を続けてきましたが、
今回はプルミエクリュとなりました。

今週のワインは、
ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ
ヴージョ 1er クリュ レ・クラ 2008
image-20121031060904.png

赤紫がかったルビー色。
輝きと透明感のある色合いです。

フランボワーズとイチゴの甘い香り、
焦げた香りと枯れ葉のような草の香りもあります。
とっても豊かな香りです。

アタックは滑らかで、甘味と酸味がバランスよく現れます。
穏やかな酸が、心地よい苦味に変化していく。
アルコールのボリュームと上品なタンニンを感じます。
アルコール度数は13%。
ポテンシャルを感じるので、
いま飲んでしまうのはちょっともったいないかも。


ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレは、
ヴォーヌ・ロマネに本拠地をおくドメーヌで、
4つのグランクリュと8つのプルミエクリュを擁し、
30銘柄以上のワインを製造する、
規模も大きく、歴史もあるドメーヌです。

個人的には手と、手からピョンピョンと伸びる
ブドウのマークがとってもお気に入り。

ヴージョ村がとても小さいことは冒頭に書きましたが、
この村の小さいブドウ畑を
80人以上の栽培家や醸造元が分割所有しているために、
ワインの出来にはかなりのバラつきがあるようです。

「ハズレ」が多いことでも有名なヴージョのワイン。
あなたの選んだヴージョのワインがとても美味しいことを祈ります。




posted by ピコティ at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

牡蠣とほうれん草のグラタン!

これから寒くなってくると、
牡蠣の美味しい季節ですね。

いろいろな食べ方がありますが、
どんな食べ方が好きですか?
生牡蠣が一番? それとも牡蠣フライ?

きょうは牡蠣とほうれん草のグラタンです。

まずはマッシュポテトを作ります。
image-20121029061538.png

ジャガイモを茹でて塩、胡椒。
牛乳と生クリームを入れてフードプロセッサーで混ぜます。
image-20121029061728.png

きれいに洗った牡蠣と
image-20121029061804.png

軽く湯がいたほうれん草
image-20121029061835.png

刻んだマッシュルーム
image-20121029061901.png

強火にして、バターでマッシュルーム、牡蠣、ほうれん草を炒めます。
ほうれん草は最後に入れて、出てきた旨味を吸わせます。
image-20121029062114.png

マッシュポテトと混ぜ合わせ
image-20121029062158.png

チーズを乗せて
image-20121029062228.png

250度のオーブンで15分ほど焼きます。
image-20121029062325.png

これで完成!
image-20121029062346.png

マッシュポテトで作るグラタンは、シンプルな味付けでヘルシーな感じ。
牡蠣も干からびたようにならず、プリプリの状態で美味しくできました。
でもちょっと物足りない。。
やっぱり牡蠣に合うのはホワイトソースかも。

今度はホワイトソースで牡蠣のグラタンを作ろう!















posted by ピコティ at 06:33| 東京 ☔| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

ハチミツとマルサラの焼きイチジク!

イチジクの季節ももう終盤。

イチジクといえば、愛知県産ですね。
イチジクは日持ちがしないので、
売っている時に買わないと、なくなってしまいます。

今年はもう食べられないかな。。と思っていたら、
モザイクの食品売り場でイチジクを発見したので買ってきました。

ドライイチジクはチーズとワインのお供で食べることも多いし、
甘みが凝縮されてとても美味しいけど、
生で食べると、今ひとつはっきりしない味で、
なんだか活を入れてあげたくなります。

そんな折、先日箱根の温泉旅館に泊まった時に、
イチジクの赤ワイン煮が出て美味しかったので、
なんだその手があったのかと思って、やってみようと考えてました。

レシピは『ナイジェルのシンプルレシピ』から
ハチミツとマルサラの焼きイチジクです。

イチジクです。
image-20121028075942.png

イチジクは十字に切れ目を入れて、
ハチミツを垂らします。
量はお好みで。

マルサラはイタリア、シチーリア州の酒精強化ワインで、
白ワインにブランデーを添加して醗酵を止めたもの。
途中で醗酵が止まるので甘みが残るし、
アルコール度数の高いブランデーなどを入れるので、
アルコール度数が高くなります。
これをオーク樽で熟成させて作ります。

いろんなタイプがあるけれど、きょうのマルサラはドルチェです。
デザートと合わせたり、食後酒として飲んでも美味しいお酒。

ハチミツをかけたら、このマルサラもかけます。
やっぱり量はお好みで。
image-20121028082118.png

ふたをして、これを200度のオーブンで20分焼きます。
image-20121028082252.png

イチジクからたくさん水分が出ていますね。
このきれいなルビーのシロップが美味しいんですよ。

このまま食べてもいいけれど、
できたての熱いイチジクに、バニラアイスと
ヨーグルトを添えて。
image-20121028082641.png

熱くて甘く柔らかなイチジクに、マルサラの香り、
そして冷たく甘いバニラアイスにヨーグルトの酸味がミックスして、
とても美味しい。

イチジクの季節だけの、とっておきデザートです。














posted by ピコティ at 08:38| 東京 ☁| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。