2012年12月27日

高畠クラシック メルロー&カベルネ 2009

仙台に出張に行ってきました。
なんだか仙台の景気はとても良いようです。
なにしろ、あちこち人であふれています。

仙台駅の構内はただでさえ、土産物屋が多いのに、
たくさんの駅利用者をあてこんで、臨時のお店もたくさん出店しています。
なので、まるでイベント会場のようです。

仙台駅構内はどこでもSuicaが使えるし、
牛タンストリートから寿司ストリートまであってとっても便利。
新幹線の待ち時間も苦になりませんね。

そんな待ち時間を利用して、お店を回っていたら、
お隣の山形県の高畠ワイナリーのブースがありました。

ここでたくさんの種類のワインを試飲させてもらいましたよ。

高畠ワインの中で、大人気と言われる『まほろばの貴婦人』。
それにしても、まほろばの貴婦人というネーミング、
イメージが膨らみます。
上品で優しい上に甘いので、この貴婦人に出逢ってしまったなら、
いけない道に足を踏み入れてしまいそうです σ^_^;

まほろばの貴婦人と、情念の世界を楽しむのもわるくない…
と、思ったものの、赤も白もどちらもかなり甘口なのでまた次回としました。

今回買い求めたのは、
高畠クラシック メルロー&カベルネ 2009
image-20121227143341.png

こちらも試飲しました。
山形県高畠町産のメルロー、カベルネ、プチヴェルドを使用しているとのことです。
国産ブドウを使った、国際品種によるボルドーブレンドですが、
なかなかどうして、堂々たる味わいです。

国際品種の国産ブドウを使ったワインは、
どうしても薄く、軽く、お上品な感じが多いですが、
このワインはボディはミディアムながらも、しっかりとした造りになってます。
酸味も、タンニンもバランスよく感じられ、
ブラインドで飲んだら国産ワインと分からないかも。
image-20121227144353.png

山形県は日本酒もワインも美味しいので、一度訪問したいのですが、
いまだ訪問したことがありません。
海の幸も美味しいし、山形牛も美味しいので、
山形美食ツアーでも企画したいですね!













posted by ピコティ at 21:57| 東京 ☀| Comment(2) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

ブッフ・ブルギニョンでクリスマス・ディナー!

2週間程前から、脱水シートを使って、
冷蔵庫で熟成中の手作りパンチェッタを使います。
image-20121225220244.png

だいぶ熟成が進みました。
これを短冊に切って、
image-20121225220338.png

中火で脂が出るように炒めます。
image-20121225220424.png

カリカリになってきたら、ベーコンは煮込み鍋に入れます。
このフライパンの油を使って、塩、こしょうをして、
薄く小麦をまぶした牛スネ肉を焼いていきます。
image-20121225220642.png

きつね色になるまで焼いてくださいね。
image-20121225220659.png

これも煮込み鍋に入れます。
image-20121225220800.png

玉ねぎも薄切りにして、同じフライパンでしんなりするまで炒めて、
これも煮込み鍋に入れます。
image-20121225220917.png

フライパンにこびり付いている肉の旨味を全てこそげるようにして。
ここに赤ワイン3カップ、水1カップ、ニンニク3かけ、
ブーケガルニ、塩小さじ1 1/2、砂糖小さじ2を入れて、
煮立ったらアクを取りながら、フタをして2時間位弱火で煮込みます。
image-20121225221420.png

煮込んだら、そこにマッシュルームと小玉ねぎを加えて、
20分ほど煮ます。
image-20121225221651.png

ここに小麦粉大さじ3、バター大さじ3でブールマニエを作り、
鍋に入れてとろみがつくまで煮たら出来上がり!
image-20121225221836.png

盛り付けます。
image-20121225221913.png

付け合わせは何度も作っている
レモンの皮とローズマリーを使ったローストポテト。
image-20121225222029.png

なんと新じゃがです。

そして、クレソンのレモンドレッシング。
image-20121225222359.png

今日はラディッシュも入れました。

乾杯は、テタンジェ・ブリュット・レゼルブ NB
image-20121225223251.png

イーストや酵母、バゲットやブリオッシュの香りと味わい。
ナッツの風味もあって美味しいです。

バタールも。
image-20121225223738.png

でも、ブッフ・ブルギニョンといったら、
ブルゴーニュの赤ワインが定石。
今日はドメーヌ・ロベール・アルヌーのニュイ・サン・ジョルジュ
1er クリュ レ・コルベ・パジェ 1998
image-20121225224348.png

1998年なので、14年が経過していますが、
いまだ若々しい外観。
心地よい酸味もありますが、柔らかく、十分にこなれた印象で、
とても美味しい。

デザートはベリーカフェのストロベリー・ラブ。
image-20121225225716.png

イチゴとラズベリームースを、フロマージュのタルトに飾った1品。
ベリーの酸味がフロマージュに合いますね。

食べ過ぎ、飲み過ぎで、お腹いっぱいのクリスマス・ディナーとなりました。
胃薬は必携ですね;^_^A





posted by ピコティ at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

サバのハーブ レモン焼き!

サバは世界各国どこに行っても、安くて美味しい食材のようです。

かつては、サバの生き腐りなんて言葉もあったほど、
足の早い食材だったので、サバ=酢でしめた、という感じでしたが、
最近では冷蔵技術の発達で、新鮮なサバがスーパーで買えるようになりました。

そんな旬のサバを使って、
飯塚 宏子さんのレシピで、サバのハーブ レモン焼きを作りました。

サバの切身を使って、塩・胡椒。それにニンニクのすりおろしを塗り付けます。
image-20121223234105.png

そのサバの上にハーブを乗せていきます。
image-20121223234210.png

セージ、ローズマリー、タイム、イタリアンパセリ。

さらにその上に野菜も乗せます。
image-20121223234421.png

ニンジン、セロリの葉、長ネギの青い部分。
付け合わせのカブも半部に切って、セットします。

その上から白菜でふたをします。
image-20121223234709.png

先日収穫した自家製レモンを絞って、上に乗せまして、
さらに白ワインとオリーブ油をかけます。
image-20121223234945.png

カブにもオリーブ油をかけて下さいね。
これを200度のオーブンで20分加熱します。

焼き上がりました。
image-20121223235201.png

さて、中のサバはどうなっているのでしょうか?
image-20121223235235.png

おー!ふっくらと風味豊かに焼きあがってますよ。
ここで付け合せを作ります。

皮をむいて、小口に切ったジャガイモと、小房に分けたブロッコリーを茹でます。
image-20121223235630.png

お塩を少々と、ひたひたのお水で10分くらい。
ジャガイモが柔らかくなったら、バターとお塩を加えて、
潰して混ぜます。
image-20121223235851.png

サバとカブ、ジャガイモを盛り付けて、レモンを添えたら完成です。
image-20121224000023.png

お好みでオリーブ油、塩、胡椒をかけて召し上がれ。
サバは柔らかく、ふっくらと焼き上がり、
ハーブの香りとレモンの酸味でさっぱりといただけます。
付け合わせのカブは、みずみずしく、とてもジューシー。
甘さが凝縮されて美味しい。
そして、ブロッコリーとジャガイモのサラダもシンプルな味わいで、
脂の乗ったサバによく合います。

思った以上、見た目以上の美味しい仕上がりとなりました。
上に乗せる野菜は、野菜くずで、なんでもよいそうなので、
塩焼き、味噌煮以外のサバのレシピとして、みなさんも作ってみてくださいね。

サバが日本だけでなく、世界中で食べられている魚だということが分かりますよ。
ちなみにこれは、イタリアンとのことです。











posted by ピコティ at 00:18| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。