2012年12月13日

八戸の酒菜屋!

久々に青森県八戸市に行ってきました。
青森というだけで、雪で大変でしょうと言われますが、
八戸は太平洋側の都市なので、日本海側は大雪でも八戸に雪は降りません。

でも風がピューピュー吹いて、たまらなく寒い!
かえって雪があった方が暖かいくらい。。
寒い寒い寒い・・・寒い!

寒い中を歩いて、最初に訪問したお店はなんと満席。
どんなに寒くても、どんなに不景気でも、どんなに寂れた地方都市でも、
平日であろうが休日であろうが、
美味しいお店は常に満席です。
ホント日本は内需の国ですね。
お客さんが来ないのは、味と接客に問題があると思って間違いないかも。

仕方がないので、通りで見かけたお店に飛び込みました。
八戸の酒菜屋(さかなや)です。
image-20121212230441.png

まずはお通し。
image-20121212230508.png

タコの白子とほうれん草のお浸し。
鮫の酢味噌和え。
お通しから、このような珍味が出るとがぜん燃えてきますね!

タコの白子はコクがあって美味しい。初めて食べました。
鮫はコリコリと食感が抜群です。

松皮鰈のお造り
image-20121212231347.png

マツカワガレイは脂ののった白身魚。
特にエンガワの脂の乗りは特筆ものです。
見た目も鮮やかですね。

お酒は地元青森県おいらせ町の桃川山廃純米酒。
image-20121212232045.png

自然界の微生物の力を借りて育てた、
生酛系山廃酒母で醸した純米酒です。

この季節の定番の白子ポン酢
image-20121212232641.png

そして、助子と海老芋の炊き合わせ。
image-20121212232754.png

助子というのは、たらこのこと。
京風のお出汁で炊いてあり、とても美味しい。
柚子、木の芽、ミョウガが絶妙です。
八戸や青森の料亭や割烹は、京都で修行をした料理人が多いとのこと。
東北で薄口の炊き合わせなんて、不思議な感じです。

穴子とアスパラのかき揚げ
image-20121212233813.png

人気のメニューのようでした。
サクッとしたかき揚げではなく、衣の多いフリッターな感じ。
衣の中に椎茸を発見しましたよ。

そして、桃川の純米吟醸酒 杉玉
image-20121212234209.png

コクとキレを持ち、爽やかな香りのお酒です。

ポテトサラダ
image-20121212234400.png

本当に世の中のポテトサラダは色とりどり。
タマネギときゅうりのシャキシャキ感。
ハムと人参。ポテトにはつぶ感があります。
美味しいポテトサラダでした。

今日のヒットは松皮鰈。
また食べたいなあ。。

それにしても、八戸の夜はピューピューと更けていきます。












posted by ピコティ at 00:01| 東京 ☀| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。