2012年12月17日

大串蒲焼 神田 きくかわ!

なぜか昔から、作家の島田雅彦を勝手にライバルだと思っていて、
島田氏がやることなすことに、対抗心を燃やしていたりする。
なんだかどうも、若い頃に自分の女を取られたみたいな気持ちなのだ。

そんな事を言われても、当の島田氏はわたしの存在など知る由もなく、
ただ迷惑なだけかも知れないが、
わたしにとってはどうも妙に引っかかる奴なのである。

先日も家でのんびりと新聞を読んでいたら、
読売新聞の日曜版のコラムで、島田氏がうなぎ談義を繰り広げていた。

まあ、まったく大した事も書いてなく、面白くもないコラムであったが、
この記事を読んだら、わたしもうなぎが食べたくて仕方ない。

というわけで、神田きくかわに足を運ぶことになった。
わたしが訪問したのは帰り道にあり、
自宅からも近い神田きくかわ上野毛店である。
image-20121217230557.png

先ずはお通し。
肝入りの煮こごりとタラコソースをかけた白身魚のお刺身。
image-20121217230844.png

ほろ苦い煮こごりが美味である。

image-20121217232219.png

蒸し牡蠣 砧巻き。
image-20121217231801.png

蒸した牡蠣を酢漬けの蕪で巻いた、
季節の一品。

寒い季節。ぬる燗が美味しい。
image-20121217232329.png

玉子焼き。
image-20121217231331.png

この玉子焼きはとっても甘い。
そして、ネギとかいろいろ入っている。
甘い玉子焼きは、なんだかホッとするものだ。

この店の名物キャベジン。
image-20121217231115.png

キャベジンとは、キャベツの浅漬けである。
キュウリ、昆布、柴漬けも入り、サッパリとした味わいである。

定番の肝焼き。
image-20121217232558.png

この肝焼きはとても美味しい。
肝だけではない美味しさ。

そしてうな重。
image-20121217232435.png

ふっくらとした鰻。
本当に柔らかく、ふんわりとしている。
蒸しが主体で、ほとんど焼いていないようである。
タレは甘めだが、さらさらとしてさっぱりと食べられる。

江戸前のうなぎはいいものだ。
うなぎを食って満足し、なんだか島田氏も食ってやったような気になった。
今回もわたしの勝ちである。












posted by ピコティ at 23:46| 東京 ☔| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。