2012年12月24日

サバのハーブ レモン焼き!

サバは世界各国どこに行っても、安くて美味しい食材のようです。

かつては、サバの生き腐りなんて言葉もあったほど、
足の早い食材だったので、サバ=酢でしめた、という感じでしたが、
最近では冷蔵技術の発達で、新鮮なサバがスーパーで買えるようになりました。

そんな旬のサバを使って、
飯塚 宏子さんのレシピで、サバのハーブ レモン焼きを作りました。

サバの切身を使って、塩・胡椒。それにニンニクのすりおろしを塗り付けます。
image-20121223234105.png

そのサバの上にハーブを乗せていきます。
image-20121223234210.png

セージ、ローズマリー、タイム、イタリアンパセリ。

さらにその上に野菜も乗せます。
image-20121223234421.png

ニンジン、セロリの葉、長ネギの青い部分。
付け合わせのカブも半部に切って、セットします。

その上から白菜でふたをします。
image-20121223234709.png

先日収穫した自家製レモンを絞って、上に乗せまして、
さらに白ワインとオリーブ油をかけます。
image-20121223234945.png

カブにもオリーブ油をかけて下さいね。
これを200度のオーブンで20分加熱します。

焼き上がりました。
image-20121223235201.png

さて、中のサバはどうなっているのでしょうか?
image-20121223235235.png

おー!ふっくらと風味豊かに焼きあがってますよ。
ここで付け合せを作ります。

皮をむいて、小口に切ったジャガイモと、小房に分けたブロッコリーを茹でます。
image-20121223235630.png

お塩を少々と、ひたひたのお水で10分くらい。
ジャガイモが柔らかくなったら、バターとお塩を加えて、
潰して混ぜます。
image-20121223235851.png

サバとカブ、ジャガイモを盛り付けて、レモンを添えたら完成です。
image-20121224000023.png

お好みでオリーブ油、塩、胡椒をかけて召し上がれ。
サバは柔らかく、ふっくらと焼き上がり、
ハーブの香りとレモンの酸味でさっぱりといただけます。
付け合わせのカブは、みずみずしく、とてもジューシー。
甘さが凝縮されて美味しい。
そして、ブロッコリーとジャガイモのサラダもシンプルな味わいで、
脂の乗ったサバによく合います。

思った以上、見た目以上の美味しい仕上がりとなりました。
上に乗せる野菜は、野菜くずで、なんでもよいそうなので、
塩焼き、味噌煮以外のサバのレシピとして、みなさんも作ってみてくださいね。

サバが日本だけでなく、世界中で食べられている魚だということが分かりますよ。
ちなみにこれは、イタリアンとのことです。











posted by ピコティ at 00:18| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。