2013年01月15日

たたき大根の参鶏湯風鍋!

きょうの料理を見ていたら、
久しぶりに真ちゃんが出ていたので、
嬉しくなって再び真ちゃんのレシピでお料理を作ってみることにしました。

真ちゃんというのは、料理研究家の寺田真二郎君のことです。
前回、グレープフルーツをすし酢代りに使った洋風ちらし寿司で
堪能させてくれた真ちゃん。
今回のレシピはたたき大根の参鶏湯風鍋です。

それでは早速作りましょう〜。
まず、皮をむいた大根を2cm幅でカットして、
これをジプロックに入れて、こん棒で叩きます。
それを手で割って、半分くらいの大きさにします。
image-20130115221633.png

叩く時はストレス発散を意識して…
叩いて大根に味が良く染み込むようにするんですよ。

参鶏湯といっても、使うのは鶏の手羽元と手羽先。
image-20130115221932.png

臭みを取るために、白くなるまで熱湯に潜らせます。
image-20130115222133.png

土鍋などで下茹でした鶏を入れて沸騰させます。
image-20130115222311.png

アクをしっかり取って下さいね。

沸騰したら、叩いた大根を入れまして、
image-20130115222340.png

ショウガ2かけのみじん切り、ニンニクをまるのまま2かけ、
米大さじ3、甘栗8個くらい、あればクコのみを入れます。
image-20130115222541.png

更にささがきにして水でさらしたゴボウ、斜め切りしたネギを入れます。
image-20130115223001.png

味付けは、酒50cc、塩小さじ2、ごま油小さじ2だけです。
フタをして、弱火で40分程煮たら出来上がり。
大根の葉を刻んで散らします。
image-20130115223238.png

盛り付けです。
image-20130115223332.png

基本、塩味のみですが、鶏の骨から素晴らしい出汁がでて、
優しい上に、深い味わいとなりました。

ショウガとニンニクの風味もスープに溶け出して暖まります。
もちろん鶏肉はとても柔らかく煮込まれて、
大根にも良い加減に出汁と旨味が染み込んでる。

とっても美味しい!さすが真ちゃん!

昨日のように雪の降る夜にはピッタリのメニューですよ。
ヘルシーで優しいお味の、たたき大根の参鶏湯風鍋、
みなさんもお試しあれ。











posted by ピコティ at 22:51| 東京 ☀| Comment(4) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

霞庭まつばらでランチ!

新年になると、抱負というわけではありませんが、
ちょっと何か変化をつけたくなります。

これまでの行動と正反対の事をしてみようとかね…
大きなことも、小さなこともすべて含めてのことです。

昨年、1年以上もウィークデイのランチは、
基本コンビニで購入して、デスクランチと決めてました。

このデスクランチには、以外にもたくさんのメリットがあって、
やってみるとなかなか良いものでした。

・コンビニの食品はカロリーが表示されているので、カロリーコントロールができる。
・なのでダイエットには最適。
・以外と豊富なバリエーションがあって、美味しい上に飽きない。
最近はスンドゥブ・チゲにはまってる。これがなんと180キロカロリー程度。
・外に出歩かないので、ランチの時間が有効に使える。
・人の少ないオフィスは、意外と居心地がいい!
・ランチ代が節約できる。

唯一のデメリットといえば、塩分摂取がとても多いことでしょうか。
塩分もナトリウムの量が表示されているので、簡単に換算できます。
普通にランチを食べると、だいたい5.2gぐらいは摂取してしまいます。
1日の摂取量をほぼ使い切る感じかな。

満足はしていましたが、新年になって、このランチタイムの使い方を一新すべく、
ちょっと近隣のお店を散策することにしました。

そんなわけで、きょう訪れたのは西麻布の霞庭まつばらです。

職場からあまり遠くないビルの3階に、そのお店はありました。

注文したのは、銀ダラの西京焼き定食。1,500円。
image-20130111231954.png

銀ダラはこの店オリジナルの西京味噌に漬け込んでいます。
油が乗って、最高です。
image-20130111232122.png

付け合わせは、あんかけした出し巻き卵。
生野菜(水菜、大根・人参・玉葱の千切り)
粗くおろした大根。
素揚げのポテト。キュウリの浅漬け。昆布の佃煮。
そして、ご飯と赤出汁。

デザートには、白玉ぜんざい。
image-20130111232717.png

なんだかとっても美味しい。
コンビニ、デスクランチとはまるでランチの満足度が違います。
入れ替わりの激しい飲食業界。
知らない内に、この界隈に新しいお店もたくさん出来ているので、
そんなお店で、ランチタイムを美味しく、有意義に、
満足して過ごすのも悪くないと思いました。

ビジネスマンがランチに求めるものはとても大きい。
程よい値段、程よい量、とても美味しく、満足度が高く、
あまり混まず、混んでも早く食事が給仕されて、
職場から近く、1時間で余裕で行って帰ってこれる距離。
この条件を満たすお店はあまりありませんね〜。

そんなこんなで、これからランチの美味しいお店は紹介して行きたいと思ってます。











posted by ピコティ at 23:53| 東京 🌁| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

レモンの花咲く部屋!

みなさま。今年もよろしくお願いします。

今年の冬はとても寒いですね。
わたしは12月に、この冬はとても厳しい寒さになる予感がしました。

昨年の冬の寒さで、葉がほとんど落ちてしまって、
大きなダメージを受けたレモンの樹、
なので、今年は部屋に取り込んであげることにしました。

レモンはやっぱり暖かい地域の植物で、
耐寒性はあまりありません。
地中海とかカリフォルニアとかが産地ですからね。

地球温暖化が進んで、暖冬であったこれまでの冬であれば、
耐寒性のないレモンでも余裕で越冬できましたが、
温暖化っていったい何処に行ってしまったの?
ってくらいの昨年からの厳しい寒さです。
これではレモンの樹も枯れてしまいそうです。

日本海側は豪雪。太平洋側は晴れてカラカラ。
みなさん、くれぐれもインフルエンザに気を付けて下さいね。
聞けば今、米国ではインフルが猛威を振るっているようです。

そんなわけで、12月に部屋に入れてあげたレモンの樹ですが、
レモンにとっては、突然の春の到来でした。
なんと言っても部屋の中は暖かいです。

最初は部屋の乾燥で葉を落として、戸惑っていたレモンですが、
そのうち花が満開となりました。
image-20130109222403.png

この状態はそう、まるで5月のようです。
image-20130109222446.png

冬の部屋の中で、レモンの花が満開に咲いていると、
ちょっと妙な感覚になります。
image-20130109222643.png

そして更に、完熟させるために枝に残したレモンがまだ実ってます。
image-20130109223403.png

まだ実の全体がレモンイエローになってません。
中々完熟しませんね〜。
レモンの実と、レモンの花と、レモンの新芽。

この様子では家の外に出せるのは、5月の下旬くらいかも。
これらの花々が結実して、ちゃんとレモンが実ってくれるといいなあ〜。












posted by ピコティ at 22:54| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。