2013年01月15日

たたき大根の参鶏湯風鍋!

きょうの料理を見ていたら、
久しぶりに真ちゃんが出ていたので、
嬉しくなって再び真ちゃんのレシピでお料理を作ってみることにしました。

真ちゃんというのは、料理研究家の寺田真二郎君のことです。
前回、グレープフルーツをすし酢代りに使った洋風ちらし寿司で
堪能させてくれた真ちゃん。
今回のレシピはたたき大根の参鶏湯風鍋です。

それでは早速作りましょう〜。
まず、皮をむいた大根を2cm幅でカットして、
これをジプロックに入れて、こん棒で叩きます。
それを手で割って、半分くらいの大きさにします。
image-20130115221633.png

叩く時はストレス発散を意識して…
叩いて大根に味が良く染み込むようにするんですよ。

参鶏湯といっても、使うのは鶏の手羽元と手羽先。
image-20130115221932.png

臭みを取るために、白くなるまで熱湯に潜らせます。
image-20130115222133.png

土鍋などで下茹でした鶏を入れて沸騰させます。
image-20130115222311.png

アクをしっかり取って下さいね。

沸騰したら、叩いた大根を入れまして、
image-20130115222340.png

ショウガ2かけのみじん切り、ニンニクをまるのまま2かけ、
米大さじ3、甘栗8個くらい、あればクコのみを入れます。
image-20130115222541.png

更にささがきにして水でさらしたゴボウ、斜め切りしたネギを入れます。
image-20130115223001.png

味付けは、酒50cc、塩小さじ2、ごま油小さじ2だけです。
フタをして、弱火で40分程煮たら出来上がり。
大根の葉を刻んで散らします。
image-20130115223238.png

盛り付けです。
image-20130115223332.png

基本、塩味のみですが、鶏の骨から素晴らしい出汁がでて、
優しい上に、深い味わいとなりました。

ショウガとニンニクの風味もスープに溶け出して暖まります。
もちろん鶏肉はとても柔らかく煮込まれて、
大根にも良い加減に出汁と旨味が染み込んでる。

とっても美味しい!さすが真ちゃん!

昨日のように雪の降る夜にはピッタリのメニューですよ。
ヘルシーで優しいお味の、たたき大根の参鶏湯風鍋、
みなさんもお試しあれ。











posted by ピコティ at 22:51| 東京 ☀| Comment(4) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。