2013年01月23日

アルザス風ポトフ!

寒い冬はやっぱり煮込み料理。
今回もまたまた煮込み料理、そしてまたまたお肉ですよー!

きょうは、大宮勝雄シェフのレシピでアルザス風ポトフです。

何をどうすればアルザス風なのかは、いまいち不明ですが、
大宮シェフのレシピをちょっと変更しています。

レシピでは牛スネ肉と豚肩ロースと鶏もも肉の3種類のお肉を使っていましたが、
豚肩ロース肉と
image-20130123215853.png

鶏の手羽元にしました。
image-20130123215916.png

手羽元の骨から出る出汁の旨味を期待しましたよ。
これらにそれぞれ塩、コショウをします。
牛肉はちょっと重いので、遠慮してもらいました。

野菜です。
タマネギ、ニンジン、じゃがいも、セロリ。
image-20130123220255.png

何にでも応用がきく、家庭の常備野菜たちです。
これも塩、コショウします。
これをよく混ぜて、煮込み鍋に重ねていきます。
image-20130123220508.png

野菜の上にお肉を重ねたら、また野菜そしてまたお肉を繰り返します。
image-20130123220625.png

お鍋一杯にできました。
レシピではジェニパーベリーとローリエをいれてましたが、
今回はブーケガルニと、ピンクペッパーで代用しました。
ここに、白ワイン200cc、水150ccを加えて、
はじめは強火、沸騰したら中火で1時間煮込むだけ!

水分が少ないので、蒸し煮する感じです。
完成しました。
image-20130123221215.png

テレビでは、野菜からの水分でスープ状態になってましたが、
うちの場合は水分がみんな飛んでましたσ(^_^;)
なぜだ?
image-20130123221431.png

でもこれが、優しいお味で美味しい。
味付けは、最初に素材にかけた塩、コショウだけ。
ブイヨンもスープストックも使いません。
にもかかわらず、この旨味。この味わい。

優しいお味なので、野菜は十分に食べられますが、
お肉の味がもの足りないという方は、これもポトフの定番、
フレンチマスタードをちょっとかけて召し上がれ。

この旨味に溢れた、熱々のアルザス風ポトフには、
もちろんアルザスの辛口のリースリングを忘れずに!










posted by ピコティ at 22:29| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。