2013年02月18日

鰆の幽庵ムニエル!

寒い寒いと言っていても、食材にだんだん春を感じるものが増えてきました。
さわらもそんな食材の一つです。
まさに旬で、脂も乗って美味しいです。

普段は塩焼きか西京焼きが定番のさわら、きょうは幽庵ムニエルにします。
和と洋の調理法を合算した、いつもとちょっと違った味わい。
これまた、脇雅世さんのレシピです。

これが鰆。
image-20130218213031.png

幽庵地はしょうゆ大さじ2、酒小さじ2、柚子の半月切り8枚。
image-20130218213215.png

さわらをこの幽庵地に漬け込みますが、ジプロックを使うと便利です。
image-20130218213307.png

これをこのまま焼いてしまうと、単なる幽庵焼きですが、
きょうはムニエルなので、漬け汁を軽くふき取って、小麦粉をまぶします。
image-20130218213515.png

フライパンに油をひいて、さわらを焼いていきます。
image-20130218213606.png

焼き上がったらさわらを取り出して、ソースをつくります。
先ほどのフライパンの油を捨てて(拭いてはいけませんよ)、
ここに大さじ3のたっぷりなバターを溶かし、柚子の絞り汁大さじ2を加えて、
よく混ぜてソースにします。とろみがついたら出来上がり。

付け合わせは、いもッコリー。
皮をむいたじゃがいもを茹でて、柔らかくなってきたら塩少々と、
ブロッコリーを入れます。
image-20130218214624.png

10分程度茹でたら、茹で汁を捨てて、
バター、牛乳、塩、胡椒を加えて、ほどよくマッシュしたら出来上がり。
image-20130218215302.png

じゃがいもとブロッコリーで作るから『いもッコリー』。

汁ものは洋風沢煮椀。
image-20130218220003.png

にんじん、大根、ネギ、エリンギ、絹さや、ベーコンを千切りにします。
和風出汁にこれらの食材を煮て、塩としょう油で味付けして出来上がり。
和風出汁とベーコンの洋風の旨味がよく合います。

これですべて出来上がり。
image-20130218220545.png

さわらの幽庵ムニエル いもッコリー添え
洋風沢煮椀。
ご飯。
一汁一菜のシンプルご飯。
でも季節の鰆はふっくらと脂が乗って、
柚子香る幽庵地をムニエルしたコクに、柚子バターソースが格別です。

付け合わせのいもッコリーは、シンプルな味わいでボリュームもあるため、
お魚料理がゴージャスで満足感のある一品になります。

洋風の調理法を活用した、ちょっとひねった和食もいいですね。
美味しいです。













posted by ピコティ at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

バラの剪定、誘引 2013

毎年この時期は、バラの剪定と誘引の季節です。
寒い中で、脚立を使っての高所の作業はとても大変。

手袋を両手にしてしまうと、麻紐が結べないので片手は素手で。
おかげでバラの棘で手と手首は傷だらけ。
まるで飼っているネコにひっかかれたみたい。
ネコなら良いけど、女性にひっかかれたと思われたらそれこそ大変。。。
(誰もそんなことは思わないか〜 σ^_^; )

バラの棘は下に向かってはえているので、
棘が刺さった時こそ、《痛い!》と思っても冷静な対処が必要です。
ゆっくりと棘の刺さった腕を下げて、棘から外します。
慌てて手を引くと、酷い事になるので要注意。

1月中旬から始めた作業もようやく終わりました。
週末はあらかたこの作業に費やした。
ローズガーデンの写真を眺めて、モチベーション・アップ右矢印2
毎年こうして頑張ってます。

今年は大きなレイアウトの変更を幾つかしましたが、
これはそのうちの一つ。
去年の写真はこちら。
image-20130217202852.png

白いラティスに、ピエール・ドゥ・ロンサールというつるバラを誘引しておりました。
これが元気なバラで昨年もたくさん枝が伸びたため、
この白いラティスに収まりきれなくなってしまいました。

そこで、高さ2m10cmのトレリスを4枚購入して並べ、
そこに誘引しました。
image-20130217204311.png

ちょっと写真が分かりにくいですね。
このトレリスいっぱいに誘引したので、
5月にはたくさんの花を付けてくれると期待してます。

寒肥というこの時期の施肥も終了して、あとは春を待つばかり。
楽しみです。















posted by ピコティ at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

蒼龍唐玉堂の担々麺!

六本木に担々麺の美味しいお店はたくさんありますが、
わたしのイチオシは蒼龍唐玉堂の担々麺。
image-20130214221937.png

これまで長い間、時々ランチタイムにこの店の担々麺を食べに行ってましたが、
蒼龍唐玉堂なんて難しい名前のお店だったんだと、
このブログを書くにあたって、初めて知りました。
『そうりゅうとうぎょくどう』と読みます。

ランチタイムはいつも満席で、ちょっと出遅れると行列ができます。
外は寒いので、今の時期に外で待つのは辛い!
早めに訪問しましょう。

お客さんは95%は男性。そして集団が多いです。
男性ばかり8名様とかね…

この店の売りはなんと言っても担々麺。
image-20130214223121.png

特に、黒胡麻担々麺と白胡麻担々麺が二大看板。
今日は白胡麻担々麺を注文しました。
image-20130214223303.png

白胡麻担々麺は白ごまのまろやかなコクと、穏やかな辛さが絶妙です。
以前は太麺と細麺を選択できましたが今は太麺だけ。
でもこのもちもちの太麺が、このうま辛いスープに真っ向勝負するので、
麺がスープに少しも負けていません。
相乗効果ですね。美味しいです。

豚骨ラーメンのブームから、ラーメンといえば、
細麺、バリかたと思っている方も多いのでしょうが、
この太麺はいいですよ〜。
先日別の店で担々麺を注文したら、かなりの細麺で、
麺がスープに負けてちっとも美味しくなかった。。。

黒胡麻担々麺は黒胡麻の力強いコクと辛さのバランスがとても美味しい。
この他にも、トマトが丸ごと1個そのまま入った赤トマト担々麺とか、
豚バラとキャベツの相性が抜群の豚キャベツラーメンもおすすめです。

ところがこの店、どこかいい加減で、
ランチタイムのサービスのご飯は恐ろしく硬くて不味いし、
テーブルの水差しの水はカルキ臭くて飲めたものではない。
というか、店全体にいい加減さが漂っている感じ。
こういうところが、客がほとんど男性である所以かなと思う。

そうそう、そして一番大事なこと。
わたしがこの店に行ったのは、ちょっと前のこと。
昨年この時期に訪問したら、担々麺の味がまったく変わっていて、
全然美味しくなかった。
あまりに残念だったので、
「店のオーナーが代わったの?」と店長に聞いたら、
いや、今、春節で料理を作ってる中国人がみんな国に帰っちゃって…だって。

みなさん。訪問するなら、今の時期は避けましょう。
きっと日本人にはだせない、中国秘伝の味なのね〜〜。











posted by ピコティ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。