2013年02月23日

ふきのとう味噌!

自宅の建物の後ろ側には、塀と建物の間に狭いスペースがあります。
このスペースは除草シートが敷いてあって、その上に砂利があるので、
本来は何も生えてこないはずだったのですが、
気が付けば、ドクダミやら、蕗やら、長芋やら、
挙げ句の果てには花蘇芳(はなすおう)まで生えてきて凄いことになってます。

その様子はこのブログでも以前お伝えしました。

それでも冬の間はすべての植物が枯れて、花蘇芳の枝だけが風にゆらゆら。。。
最近は特に寒いですが、着実に春が訪れているらしく、
ふきのとうが出てきました。
蕗は地下茎で増えるので、取っても取っても生えてくる厄介者。
草のような地上部分に比べ、地下には太い木の幹のような地下茎があります。

自分で植えたものではないので、
これまで自宅裏のふきのとうなど食べたことはなかったけれど、
今年は食べてみることにしました。

まずは収穫。
image-20130223184849.png

7個収穫出来ました。
このふきのとうで、ふきのとう味噌をつくります。

皮をむいて
image-20130223185035.png

細かく刻みます。
image-20130223185054.png

アクが強くてすぐに黒くなってしまうので、
刻んだら素早く、油を引いたフライパンで炒めます。

軽く炒めたら、あらかじめ混ぜておいた白味噌、酒、砂糖を加えて、
よく混ぜて一煮立ちさせて、なじませたら出来上がり。
image-20130223185628.png

ふきのとう味噌の完成です。

甘めの味噌とふきのとうの苦味と風味がよく合って美味しい。
熱々のごはんにも、焼きおにぎりの上に乗せてもOK!

もちろん、そのまま嘗めて熱燗のあてにしても最高です。
春の味わいを堪能できますよ。

勝手に生えてきたふきのとうですが、なかなか使えます。









posted by ピコティ at 19:13| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。