2013年02月24日

春の足音が・・・

冬の庭は何もありません。
それはまるで、コーマック・マッカーシーの描く、
『ザ・ロード』の中の、死に絶えた森の植物たちのようです。

まったく生命の息吹の感じられない、静寂の中にある自然。

本当に寂しい冬の庭だと思っていたら、
気が付かないうちに、春の足音が近づいていました。
image-20130224214348.png

球根は春の訪れを感じて芽吹き。
image-20130224214457.png

クリスマスローズの花芽も伸びて、蕾を付けました。
image-20130224214540.png

恐竜の卵のような、爬虫類的な容姿は毎年のこと。
image-20130224214619.png

多年草のプリムラジュリアンも、毎年の恒例行事のように元気に茂って、
花を咲かせています。

昨日のふきのとうもそうですが、
この時期は目を凝らして、小さな変化を見つけることがとても楽しい季節です。

小さな目に見えないような変化はやがて、
春のビッグバンのような、圧倒的な生命の大膨張をむかえます。
爆発的な春の訪れまで、もうしばらくの辛抱でしょうか。。。














posted by ピコティ at 22:04| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。