2013年02月27日

チューリップは買うのもお得!

毎年秋になるとチューリップをはじめとする、
たくさんの植物の球根が売り出されます。

ホームセンターの園芸コーナーは、
球根の販売に大きくスペースを取っていますよね。

球根植物といえば、やっぱりチューリップがその代表格ですね。
春の事を考えて、チューリップを植えるのは楽しいことです。

今年は赤とピンクと黄色の球根をたくさん買って、
あの場所に密植してみようか。。。
などといろいろ考えるのも楽しい時間だし、
芽が出てきた、葉が繁った、つぼみができた!
などと成長の過程を観察して楽しむのも悪くない。

ところが!
植えてから半年もかけて、ようやく咲いたチューリップ。
ワクワク、ドキドキしながら開花を待ったはずのチューリップの花が、
4月の晴れの日の急激な気温の上昇で、
しかも、こともあろうに夏日となって、
わずか3日でだだ開き!

もう、だらしないったらありゃしない!という花姿になってしまって、
ガッカリしたなんてことはありませんか?

わたしは何度もそんな経験があります。
日本の春は急激に気温が上昇するのです。

なのでチューリップは早咲に限るなんて思っていましたが、
良い方法がありました。

2月に入ると、園芸店には開花したチューリップの鉢植えが並びます。
あまり種類は多くないけれど、これを買ってきて地植えします。
image-20130227155723.png

すると、こんな感じでいきなり庭が春爛漫。
まだまだ寒いので、チューリップの成長もとってもゆっくりなため、
いつまでも美しい姿をキープします。
image-20130227155956.png

こうやって、1ヶ月以上は花を楽しめるので、
とってもお買い得で、満足です。
image-20130227160126.png

何もなく、枯れた茶色の冬の庭に咲く、濃いカラーのチューリップは、
とっても目立つし、可愛く、愛おしい。

そうか!この手があったのか!
なんて思っています。

でも、あんまり気温が低いと、花弁が霜でやられてしまうので、
そんな時は保温をしてあげてね〜。









posted by ピコティ at 20:41| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。