2013年04月04日

鮭とカブのクリーム丼!

まかない飯と聞くと、なんだか魅惑のお料理のような気がします。
レストランのメニューにはないけれど、
シェフたちがお店のスタッフのために、
簡単でしかも美味しいお料理を作ってみんなで食べる。。。
想像するだけで美味しそうで、そしてなぜだかとてもずるい感じがします。
いいな〜って感じです。

きょうはそんなまかない飯。
イタリア料理店のオーナーシェフ笹島保弘さんの
まかない飯のレシピです。

鮭とカブのクリーム丼。

クリーム丼といっても、生クリームは使いません。
使うのは豆乳です。
image-20130404223502.png

ヘルシーで簡単、美味しいまかない飯です。

まずは葉っぱ付きのカブ4個。
image-20130404223544.png

カブは皮をむいて、約1cmの厚さにスライス。
image-20130404223701.png

葉っぱは3cmの長さに刻んで下さいね。
image-20130404223827.png

生さけは4切れに軽く塩を振って、一口大に刻みます。
image-20130404224006.png

刻んださけに、かたくり粉をまぶします。
image-20130404224030.png

このかたくり粉がとろみの元になりますよ。

フライパンにオリーブ油を熱して、
カブの実を敷いて、
その上の葉を乗せて、
さらにその上にさけの切り身を乗せていきます。
image-20130404224439.png

カップ1/2の豆乳にわさび小さじ3を溶かして鍋にいれ、
さらに昆布出汁をカップ1入れます。
ふたをして、中火で蒸し煮にします。
image-20130404230952.png

とろみが付いてきたら仕上げです。
もう一度豆乳をカップ1/2入れて、塩、コショウで味を整えたら出来上がり。
image-20130404231240.png

どんぶりにご飯を盛って、その上にこれを盛り付けて、
刻み海苔を散らします。
image-20130404231329.png

これで、鮭とカブのクリーム丼の完成です!

鮭とカブの風味がたっぷりでとても美味しい。
鮭とカブ、この2つの食材の相性がとってもいいのを初めて知りました。
そしてクリームはまったく豆乳という感じがしません、
言われないと分からないくらい。
さっぱりしているのに、旨味とコクがありますよ。

簡単で美味しい、まかない料理にはピッタリなレシピです。
みなさんもお試しあれ!












posted by ピコティ at 23:32| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

寿し屋の後藤!

もうこのお店には本当にお世話になりました。

六本木5丁目寿し屋の後藤です。
image-20130401215359.png

何度ランチに訪問したことでしょう!

お店はカウンター主体の小さなお店。
しかも地下です。
知っている人以外はなかなか入り辛い雰囲気。
image-20130401215600.png

でもここの大将はいつも元気で、明るくて好感が持てます。
普段は大将と大将の奥さんと2人でお店を切盛りしてますが、
学校がお休みの時期には、娘さんがお店を手伝っていたりします。
きっと仲の良い家族なのですね。

ランチのメニューは握りとちらし。わたしが注文するのはいつも握りです。
image-20130401220108.png

握り8貫と巻き物、お味噌汁がついてちょうど1,000円。

握りはその時によって多少違います。
この日は、イカ、サーモン、ぶり、中とろ、牡丹海老、玉子、イクラ、カツオ。
巻き物はいつもの通り。
美味しいですね。

image-20130401223031.png

シャリは大きすぎず、小さからず、
男性のわたしが食べて、8貫はちょうどよい分量です。

1,000円でこのレベルのお寿司が食べられるのは幸せなこと。
六本木あたり、ランチで握りを食べさせるお店は多いですが、
どこも質と量がアンバランス。
なんか足りない店が多い中、この店は質と量のバランスがバッチリ。
やっぱり美味しい。大満足。

そんなある日、先日大将と話していたら、
なんと同い年であるということが判明してビックリ!

同じ世代の人は、背景が一緒なので何となく親近感が湧きます。
これまで歩んできた道は違っても、
同じ時代を生きてきた。
それだけで同志ですね。

寿し屋の後藤。
これからも通わせてもらいます。
















posted by ピコティ at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。