2011年02月03日

ショパンコンクール優勝 ユリアンナ・アヴデーエワ

ショパンコンクール優勝のユリアンナ・アヴデーエワとのN響との共演を聴きました。
テレビでの視聴です。

曲目はショパン作曲、ピアノコンチェルト第1番ホ短調。

ユリアンナ・アヴデーエワはロシア人の24歳です。

24歳という年の割には、とても落ち着いた印象の人です。

201012_yulianna_avdeeva.jpg
 
ちょっと真矢みきに似てる?

正面からのアップは、ラクダさんにも。。。


女性のショパンコンクール優勝は、かのアルゲリッチ以来、実に45年ぶりとのことです。

その落ち着いた彼女の印象通り、
ゆったりとしたテンポで曲は進みます。

速いパッセージでも決っして急がない。
本当に音の粒立ちが、全て聴こえるようです。

その音の一つ一つがとても綺麗で、流麗。
まるで鈴がコロコロと転がるよう。


曲のフレージングがとても面白いので、
今まで聴いたことないような、ショパンの演奏です。

あれ、あれという驚きがたくさんありますねビックリマーク
まるで違う曲のようです。



第2楽章のチャーミングなこと
そして、ロマンティック。
うっとりとするようです。



第3楽章はとてもリズミカル。

彼女の両手の音のバランスが、今までの演奏と違うのと、
リズムの取り方が違うのとで、
これも全然別の曲に。

ちょっと戸惑ったりもしますが、

なんか、面白い!
こんな演奏があるなんて。


imagesCAFITX3R.jpg
 

また新しい演奏スタイルの登場ですね。
感動しました。

ユリアンナ・アヴデーエワのこれからが、楽しみです音譜



posted by ピコティ at 00:06| 東京 ☀| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピコティさん、

2013年最後の連休、クリスマスいかがお過ごしですか?

今晩は。2つ事、(甚だよしなしごととも思われるのですがまたまたお邪魔してしまいました。)

ピコティさんは、今月来日のラファウ・ブレハッチさんのリサイタルには足を運ばれたでしょうか…?
自分は、今年は予算オーバーでしり窄み。最近まで、classicに10年以上御無沙汰していた為、tubeを観ては驚かされる1年でした!久し振りにコンサートにも足を運びました、と申しましても選択基準はとても個人的なもので。ミューザのリニューアルOPENにclassicとは言えないグレッグ・レイクのWorld Tour in TOKYO(。誘っていただいた別の‘爆音系’も有り)。芸術劇場へも参りました、デュダメル氏の後輩たちが来日。師走は何かと気忙しくもあり‘ブレハッチさん’は断念しました。
何がきっかけは忘れてしまったのですがショパンの協奏曲はアルヘリッチさんで覚えました。自分は1番より2番に惹かれる質でチャイコフスキは昔、必死でレコードを手に入れました、独奏者が誰だったか。。。

やっぱり音楽はイイですね。ショパンコンクールなど居住いをただして観たりしてしまいます…

そうそう、小豆チョコがアズキ ドルチェにヴァージョンアップしてました(。クスッてしてしまいました)。
もう御覧になりましたか?

猪肉のラグーソース、をクリスマスのひと足早いお祝いで初体験し、『随分長生きした』モノダナーとちょっとピコティさんに御伝えしてみたくなりました。

折しも、ガレノスってヒッポクラテスと並ぶギリシャローマをまたにかけた人が居たなんて初めて知り(→galenicが訳せなかったので)不勉強が身にしみている年の瀬、例年になく寒いですが、ピコティさんどうぞ御自愛ください。

Posted by らくたな at 2013年12月23日 00:17
>らくたなさん
こんばんは。クリスマスイブは家族でなどという時期も過ぎ去ってしまったようで、
我が家ではイブに全員が揃うことも難しくなってしまいました。

ブレハッチさんの来日は知りませんでした。
YouTubeで拝見すると端正なピアノを弾く方だなと思いましたよ。
わたしもティーレマン=VPOにいったり、来年にはニューヨークフィルハーモニックも控えていて、予算オーバーです。
らくたなさんも音楽を楽しんでおられるようで、なによりです。
わたしもジャンルを問わず楽しんでいますよ。
最近は子供に教えてもらって、ONE OKROCK なども聴いています。
森進一の子息がボーカルをしているバンドです。
なかなかです。

アズキドルチェ知りませんでした。
最近見ないと思ったら、進化してたのですね。

ジビエが身近になったのでしょうか、季節柄わたしも猪肉のハムであったり、煮込みであったりをいただきました。
思っていたよりも食べやすいのに驚きました。
猪肉のラグーソースも美味しかったでしょう?

まだまだ世の中は知らないことだらけ…
だから楽しいのかも。まだまだ勉強ですね!

Posted by ピコティ at 2013年12月24日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。