2011年06月15日

ベルリン・フィルがやってくる!

このところ、毎年来日するウィーン・フィルですが、
わたしも申し込んだチケットが、ちゃんと当選してコンサートに行くことが出来ました。
そしてウィーン国立歌劇場のオペラも2度程、鑑賞する機会に恵まれました。
それはとっても貴重な体験。素晴らしかった!

でもベルリン・フィルは、まだ生で聴いたことがありません。

サイモン・ラトルとベルリン・フィルの来日は3年ぶりのこと。
前回はチケットが当たらなくて、無念の涙 (泣)。。。

先日は佐渡 裕氏がベルリン・フィルの定期公演を指揮して、日本でもとても話題になりました。

そんなベルリン・フィルの来日公演。
んー。どうしても行きたいです。

iphone/image-20110614213631.png

しかも演目は大好きなマーラーの交響曲第9番。
天国へ召されるように美しい第4楽章を生で聴けたら、と思うとかなり心を動かされます。

そして、今年は昨年に続き、2年目のマーラー・イヤーなので、
この演奏会はかなり期待できそうです。

11月22日と11月24日(秋ですね。。。) 場所はサントリー・ホール。
でもS席はなんと、40,000円!
一晩、1時間半で4万円か〜(外オケのコンサートも高くなりました)。

ベルリンに行って聴くと思えば安いけどね。。。
って、もうなんだか行く気まんまんです。

このために一生懸命働こう!(なんて、自分に言い訳して・・・)



今のコンサートはホールのほとんどの座席がS席。
その他A席、B席、C席、D席、E席までありますが、申し訳程度に指定されているに過ぎません。
まあホールの90%はS席みたいな感じです。

昔はこんなことはなかったのに、
S席でこんな末席なの???
なんてことは今では珍しくありませんね。
これは呼び屋の儲け主義のせいかもね。。。

しかし、このコンサートの座席の設定の仕方は、ぜひなんとかしてもらいたいものです。
ホールの中央部分とホールの片隅が同じS席(同じ料金)では、とても納得がいかないものね!

ともあれ、チケット申し込むつもり、まんまん のわたしなのでした (^^♪




                
posted by ピコティ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。