2011年08月31日

保険の見直し!

最近日経新聞の電子版のマネーの欄に、
後田亨さんが、「保険会社が言わない、ホントの保険の話」というコラムを掲載しています。

そもそも、わたしは、保険ってなんだか胡散臭い商品だな・・・と思っていたので、
このコラムにはとっても納得です。

たくさんの人々から、多額の保険料を徴収して、
その保険料でもって、高い給料をもらってのうのうとしている保険会社の社員を見てると、
保険は保険会社の社員の豊かな生活を維持するためあるようなものだ!
と前々から思ってました。

そこで、この本を買ってみました!

           

この本には、アリコ、ニッセイ、アフラック、プレデンシャルの各生命保険会社が
実名で登場し、その勧誘の手口がそのまま記載されています。

保険会社が売りたい商品と、本当に必要な商品には大きなギャップがあると言うことです。

保険は保険会社が絶対に負けないように仕組まれたギャンブルのようなものだと書いてあります。
ギャンブルであるならば、胴元が一番得をするのは知れたことですね。

恐怖心を煽られて、あれもこれも保険で対応しようすると、
保険会社の思うつぼということになります。

わたしも、ある時ふと考えました。
もし自分が死んだとしたら。。。
住宅ローンは団信でゼロになる上に、数千万円もの保険金が入ってきて、
会社の死亡退職金が入ってきて、遺族年金がもらえて・・・・

これでは妻は一生遊んで暮らせるではないか!

と思って愕然としたことがあります。
自分の存在意義(レゾン・デートル)はなんなのだろう?
なんて、哲学者みたいになってしまいましたよ。

保険とは、自分の貯蓄では対応できないことを、保険で対応するのが基本。
例えば、10日程度の入院で、1日1万円の入院保険金を保険からもらっても10万円そこそこ。
それは預金で対応可能だし、高額医療費補助として健保からある程度戻ってきます。
それなのに、そのために、いったいいくらの保険料を払い続けているのか?
という考え方です。

月々4万円も5万円も保険料を支払っているあなた。
ちょっと加入している保険を見直してみたらどうでしょう?



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、お金の話題、続きましたね。
趣が変わるのかしら?(笑)
Posted by うる at 2011年09月02日 07:59
うるさん>
お金の話しは書かないようにしていたけど、ついつい…

まあ自虐ネタみたいなものです。
Posted by ピコティ at 2011年09月02日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。