2011年12月06日

カツァリスのモーツァルト

今年で9回目を迎えるNHK音楽祭。
今年のテーマは、 「華麗なるピアノニストたちの競演」 です。

毎年楽しみにしていますが、
今年は、なんだこの演奏は!と、度肝を抜かれたピアニストがおりました。

その名は、シプリアン・カツァリス。
フランスはマルセイユ出身の60歳です。

カツァリス.png

それは、NHK音楽祭の第2夜、2011年10月6日のNHKホールでの演奏会でした。
曲目はモーツァルト作曲 ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467

その演奏はとても凄い!
全く自由に、やりたいように演奏しています。
本当に自由奔放な感じ。

こんなモーツァルトがありなんだ。。。
こんな風に弾いていいんだ。。。
と思うくらい。

とくに第3楽章のカデンツァは圧巻です。

とぼけた博士のような風貌、
華麗なるテクニック。
そして即興の達人。

小曽根真の演奏する、モーツァルトのピアノコンチェルトの、
ジャジーな感じもとても面白かったけど、
カツァリスのひょうきんさや、変人ぽさに、わたしは虜になってしまいましたよ。
心をギュッと鷲掴みにされた気分です。


今回の指揮者である、ネヴィル・マリナーは87歳。

マリナー.png

このマエストロの指揮で、ブレンデルがピアノを弾いたモーツァルトのピアノコンチェルト全集は、
若い頃からのわたしの愛聴盤(オケはアカデミー室内管弦楽団)です。

そのマリナーが指揮をすれば、NHK交響楽団演奏のモーツァルトのサウンドも
この往年の名演奏のような響きとなります。
ヴィヴィッドで、クリアで、明るいサウンドのモーツァルト。
さすがですね!

マリナーといえば、映画「アマデウス」の音楽の演奏で有名です。
この映画を見た方は、その演奏を聞いていますよ。


カツァリスが弾いた、アンコールの即興演奏のさくらさくらもとてもユニーク。

カツァリスのCDを買っちゃおうっと!
なんでも、ベートーヴェンの交響曲を全曲、ピアノのみで演奏したCDが有名らしい。

その感想はまた後日。




       






posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。