2012年07月02日

菊乃井のお惣菜!

菊乃井は京都市東山にある老舗料亭です。

ねね(秀吉の妻)が茶の湯に用いたとされ、菊の花が咲くように湧き出たと言われる「菊水の井」が、
この屋号の由来とのことです。

そのためか水へのこだわりは相当なものですね。
わざわざ京都からその水を運んで、
料理に使用するというこだわりようです。

そんな京都「菊水の井」の水で作られたお惣菜ですが、
わたしの家の近くなら、東横のれん街や
玉川高島屋で買い求めることができます。


京都東山の本店や赤坂店で懐石料理を食べるには、
そのための理由を見つけなければならないけれど、
お惣菜なら気軽に、その味を味わうことができますね。

というわけで、お惣菜の6種盛りです。

iphone/image-20120702214715.png

右手前から時計回りに、出汁巻き玉子、万願寺とコンニャクの土佐煮、枝豆の白和え、
ひじき、とうがんと海老団子、鶏南蛮焼き。

薄味で出汁のきいた上品な味付けが、とっても美味しい。
とかくお惣菜と言えば、味付けが濃くて、食べ疲れするものが多いので、
この薄味は新鮮です。

ご飯がなくても大丈夫 (お酒があればね!)

先日家で作ってブログにアップした、
やはり京都の老舗料亭、瓢亭の白和えの隠し味、
練りゴマの風味をこの枝豆の白和えにも感じましたよ。

万願寺が美味しいです。

お漬物2種。

今が旬の水茄子の漬物。
iphone/image-20120702214722.png

みずみずしくて、とても美味しい。

すぐきの漬物。
iphone/image-20120702214719.png

京都で生活するようになって、初めて知ったすぐきです。
京都では定食に必ず付いてくる定番漬物だったので、
すぐ好きになりました。
その酸味がとてもいいですね。


老舗料亭菊乃井、
今度はお店で懐石を食べたいな!



posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。