2012年10月17日

人間ドック

昨日は人間ドックだった。

うちの会社は毎年この時季になると、
人間ドックである。

たかが人間ドックと言うなかれ、
年齢を重ねると、次第にこの人間ドックという年中行事は、
重要なイベントになってくるのだ。
毎年人間ドックを受けていると、
どういう状態に身体をもっていけば結果が良くて、
どういう状態なら結果が悪いかが分かってくるのである。

人間ドックの総合的な判定がD2、つまり要精密検査だったとしたら、
普通の人なら少しばかりのショックを受ける。
ああ、もう自分はダメかもしれないなんて、
ちょっと考えてみたりするのだ。
まあ、結果をみても特に医者に行くわけではないけれど、
翌年の人間ドックには、いい結果を出してやると思うものなのである。
それは、なんというか、意地である。

わたしとしては、この人間ドックに向けてダイエットする。
1日のカロリーを考えて食事をしたり、
食べる量を抑えたり、お酒を控えたり。。
これはかなり苦しいし、我慢が必要だ。
なにしろ体重なんか、なかなか減らない!

それから運動をする。
週末になるとランニングしてみたり、泳いでみたり。。
これもかなり苦しい。
ランニングは10km、スイミングは1200m。全力である。

そして訪れた人間ドックの日。
血液検査の結果は当日にわかる。
“ 勝った!”
血液検査の結果はオールAだ。
屈辱のD2から苦節1年。ついにわたしは勝ったのだ。。

めでたし、めでたしで終わりかと思いきや、
現実はそう甘くない。
あとにはその反動が待っているのである。

これからだんだん寒くて動きたくないし、
食べ物は美味しい季節だし、
これに抗うのは並み大抵ではない。
まあ人間ドックの結果も良かったしね。。なんて思っていると。
その結果はご想像どおり。

副産物もある。
わたしの場合、身体の引き締まったこの時期つくった
秋冬物スーツは細身に出来上がり、
究極に身体の弛んだ時期につくる
春夏物スーツは太めに出来上がる。
よって地球温暖化のせいで、未だに着ている春夏物スーツはブカブカだ。
これから着ることになる秋冬物スーツはピッタリフィットだろう。

たかが人間ドック、されど人間ドックなのである。



image-20121017061057.png











posted by ピコティ at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。