2012年11月02日

越後湯沢の駅構内

きょうは新潟に出張でした。
最終目的地の前に、用事があって途中の越後湯沢で下車しました。

新幹線の途中駅って、なにもない、人がいないというイメージがあって、
またたいていはその通りで、なんとも寂しい雰囲気があります。

そして越後湯沢は、かつてスキーが冬の重要なイベントだった頃、
バブルに踊り、今は忘れさられた場所というイメージがあります。

きっと誰もいないんだろうなあ〜と思っていたら、
降りてみて驚きました。

たくさんの人たち。それもガイドさんに連れられた、
60代70代のシニアの男女の大集団があちこちにありました。
紅葉がとてもきれいだったので、きっとハイキングですね。

そんな越後湯沢ですが駅構内もとても面白かったので、
ちょっとご紹介します。

まずはがんきどおり。
image-20121102054902.png

たくさんのショップがあります。
お菓子とか、果物とか、食べ物中心の通りです。

その奥にあるのが、CoCoLo湯沢。
image-20121102055231.png

こちらは酒どころ新潟らしい、日本酒と飲食店街。
image-20121102055515.png

その中に面白い一角がありました。
お酒とお米のテーマパーク「ぽんしゅ館」です。
越後・魚沼のドラマを食(酒と米)で語る、がテーマです。

利き酒のコーナーやら
image-20121102055938.png

酔っ払いのモニュメントやら
image-20121102060339.png

日本酒にまつわるたくさんのお店がありますよ。
仕事中だし、これから人にも会わなければならないので、
お酒は残念ながらちょっとムリ。。

でもその奥にいいものがありました。
ぽんしゅ風呂!
image-20121102060739.png

越後湯沢の天然温泉に、日本酒を入れた温泉。
image-20121102060907.png

新幹線の待ち時間も40分以上あるし、
ここは入っていこう。。
というわけで、温泉に浸かっちゃいました。
スーツを脱いで、温泉タイム。
とても癒されましたよ。

ゆっくり半日は楽しめる越後湯沢の駅構内。
紅葉狩りとセットで、お奨めです!
















posted by ピコティ at 06:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日々の1コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。