2012年11月06日

アルヌー・ラショーのヴォーヌ・ロマネ!

コート・ド・ニュイの旅もいよいよヴォーヌ・ロマネです。

ヴォーヌ・ロマネには2つの村があります。
フラジェ・エシェゾー村とヴォーヌ・ロマネ村です。
ここに8つの特級畑があり、このうち3つにロマネの文字が入ってます。

そのうちの1つは、世界の赤ワイン界の帝王、ロマネコンティですね。
ロマネコンティはブルゴーニュのワインが備えるべき、
すべての美点を持ち、その意味でも、また価格でもまさに帝王。
んー!飲んでみたい!

近所の東急百貨店で、週末にDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の
ワインの入荷があって、12本のDRCのワインの販売がありました。
(例えばロマネ・サン・ヴィヴァンとかラ・ターシュとかリシュブール)
でもわたしが当日のお昼に行ったら、既に完売。
なんでも、徹夜で並んだ方がいるそうです。
その人は4本買ったと言ってました。
すごいです。

それはさておき、今回の週末ワインは、
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
ヴォーヌ・ロマネ 2009
image-20121106061701.png

淡い赤みがかったルビー。
輝きもあり、若々しい外観です。

若いアロマに満ちた、赤い果実の豊かな香り。
酸を連想させる香りに、カラメル、腐葉土のニュアンスもあり。

爽やかで軽快なアタック。
フレッシュでいきいきとした酸味。果実の甘み。
心地よい渋みと溶けた上品なタンニンがあります。
とてもバランスの良い、若々しい味わいです。
美味しいですね。

ヴォーヌ・ロマネのワインはヴィラージュものでも、
間違いなく質が高いといわれているのです。

ドメーヌ・アルヌー・ラショーは、
ヴォーヌ・ロマネの歴史あるドメーヌです。
先代のロベール・アルヌーの跡を、
娘婿のパスカル・ラショーが継いでドメーヌの運営にあたっています。
なのでアルヌー=ラショーと表記されたりもします。
エチケットではARNOUX-LACHAUX 。

東急百貨店のDRCの販売はまた来年らしいです。
それに備えて、積立預金でも始めましょうか。。
今度は徹夜かあ〜。



posted by ピコティ at 06:49| 東京 🌁| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。