2012年12月11日

手作りパンチェッタ!

脇 雅世さんのレシピ本を買いました。

その中でちょっとビックリしたのが、手作りパンチェッタ。
その作り方に驚いたので、やってみることにしました。

使うのは豚三枚肉。
まあ、豚バラ肉のブロックです。
image-20121211221155.png

これをビニール袋に入れて、お塩を大さじ1振ります。
image-20121211221252.png

空気を抜くようにして、袋の口を縛りそのまま冷蔵庫でひと晩おきます。
image-20121211221413.png

出てきた水分を軽く拭いて、ハーブをまぶします。
image-20121211221526.png

庭にあるタイム、セージ、イタリアンパセリと乾燥ローリエ、
ピンクペッパーとブラックペッパーを刻んで、豚三枚肉にまぶしましたよ。
image-20121211221741.png

これを脱水シートで包みます。
世の中には脱水シートなんてものがあるのですね。
浸透圧で塩を使わずに、身をしめるそうです。

解凍したホタテや刺身の脱水。
焼き魚を焼く前の脱水、
一夜干しの作成に使うことができて、
生臭さがなくなって、身がしまり、旨味が濃くなるということです。
業務用でプロ仕様。

どおりで、お店のお刺身は美味しいはず。
こんな裏ワザを使ってるんですね。

今回うちで使ったのは、この会社こんな物も作ってるの?と
ちょっと驚いたオカモト株式会社さんの『ピチット』です。

ピチットでしっかりくるんで
image-20121211223613.png

翌日に取り替えた後は、3〜4日でシートを取替えて、
約2週間で完成するそうです。

2週間経つと、熟成した肉のいい香りが漂って、
日本では売っていない本場の生ベーコンが出来上がるらしい。。

本当にできるかな?









posted by ピコティ at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。