2012年12月27日

高畠クラシック メルロー&カベルネ 2009

仙台に出張に行ってきました。
なんだか仙台の景気はとても良いようです。
なにしろ、あちこち人であふれています。

仙台駅の構内はただでさえ、土産物屋が多いのに、
たくさんの駅利用者をあてこんで、臨時のお店もたくさん出店しています。
なので、まるでイベント会場のようです。

仙台駅構内はどこでもSuicaが使えるし、
牛タンストリートから寿司ストリートまであってとっても便利。
新幹線の待ち時間も苦になりませんね。

そんな待ち時間を利用して、お店を回っていたら、
お隣の山形県の高畠ワイナリーのブースがありました。

ここでたくさんの種類のワインを試飲させてもらいましたよ。

高畠ワインの中で、大人気と言われる『まほろばの貴婦人』。
それにしても、まほろばの貴婦人というネーミング、
イメージが膨らみます。
上品で優しい上に甘いので、この貴婦人に出逢ってしまったなら、
いけない道に足を踏み入れてしまいそうです σ^_^;

まほろばの貴婦人と、情念の世界を楽しむのもわるくない…
と、思ったものの、赤も白もどちらもかなり甘口なのでまた次回としました。

今回買い求めたのは、
高畠クラシック メルロー&カベルネ 2009
image-20121227143341.png

こちらも試飲しました。
山形県高畠町産のメルロー、カベルネ、プチヴェルドを使用しているとのことです。
国産ブドウを使った、国際品種によるボルドーブレンドですが、
なかなかどうして、堂々たる味わいです。

国際品種の国産ブドウを使ったワインは、
どうしても薄く、軽く、お上品な感じが多いですが、
このワインはボディはミディアムながらも、しっかりとした造りになってます。
酸味も、タンニンもバランスよく感じられ、
ブラインドで飲んだら国産ワインと分からないかも。
image-20121227144353.png

山形県は日本酒もワインも美味しいので、一度訪問したいのですが、
いまだ訪問したことがありません。
海の幸も美味しいし、山形牛も美味しいので、
山形美食ツアーでも企画したいですね!













posted by ピコティ at 21:57| 東京 ☀| Comment(2) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、これ、昨日酒屋さんで買おうと思ったのですがカードが使えないお店だったので諦めたワインです。
無くならないうちに買っておかねば・・・
国産のレアor人気ワインってブルゴーニュ並みに入手し辛い傾向だなあと実感してしまうこの頃。
Posted by mayu at 2012年12月28日 22:25
>Mayuさん
そうですね。
高畠ワインのネットショップでは、すでに完売となってました。
ということは、2009は今流通しているものしかないのでお早めに。

国産レアの入手困難は、生産量の少なさに原因ありのようですね。
Posted by ピコティ at 2012年12月29日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。