2013年01月21日

トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルドでランチ!

きょうはトラットリア・イル・フィーゴ・インゴルドでランチです。
image-20130121215711.png

ちょっと奥まったところにあるお店なので、
地図でよく場所を確認しないとたどり着けないかも。

注文したのは、Pranzo A 1,400円。
(Pranzo とはランチのことらしいです)
・1回だけサーブできるブッフェスタイルの前菜。
・6種類の中から選択できる本日のパスタ。
・パン
・カフェ

先ずは前菜。
image-20130121220229.png

ほぼこれで全種類 p(^_^)q
すべて1つずつ取りました。
ベイクドポテト、鶏の唐揚げ、ナスのグリル、キッシュ、ブロッコリー、
リエット、テリーヌ、白身魚のマリネ、オリーブ、パンのトマトソース。

こんな感じで、前菜としてよく食べるお料理が勢ぞろいしてました。
お料理は全般的に味が濃い目です。
わたしにはちょっと塩辛い(しょっぱい)かな。

パンです。
image-20130121221139.png

パスタは、カキとパンチェッタとほうれん草のリングイネを選びました。
image-20130121221121.png

ニンニクとオリーブ油。アーリオオーリオですね。
カキの風味が効いてます。
そして、おおー!このパンチェッタは手作りパンチェッタの味。
先日自分で作ったので味の違いがわかります。

でもこのパスタも塩辛い(しょっぱい)。。。

コヒーです。
image-20130121222031.png

お店の雰囲気は明るくてとても良い。
働いているお店の人も、ハキハキと明るくて、とても良い。

仕事帰りに数人で楽しく飲むのには、ぴったりなトラットリアです。











posted by ピコティ at 22:39| 東京 ☀| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しょっぱさは、ワインを飲ませるためでしょうか(笑)
夜だったら、ワイン進んじゃいそうですね。

牡蠣のパスタ、パンチェッタの出来はともかく、ピコティさんだったら、ご自分でも美味しく作れそうですね。
Posted by うる at 2013年01月23日 00:34
>うるさん
まったくその通り、この濃い味付けはお酒を誘うためですね。
でも夜ならともかく、ランチではねえー。

外で食べると、味の指向は違っても、
たまーに、これはすごいかも?という味に出会ったりするので、
それがいいですね。
これならわたしが作った方が…と思うこともままありますが。
Posted by ピコティ at 2013年01月23日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。