2012年01月07日

タロー・宇宙・夢

「ああ、とてもお腹が空いた。」
僕は独り言のように呟いた。
なんだか今日は一日中お腹を空かしていたように感じる。

あんまりお腹が空いていたので、僕は駅前のハンバーガーショップでハンバーガーとポテト、
チキンをしこたま買い込んだ。ドリンクはコーラにした。

駅から歩いて程近い公園のベンチに腰を降ろして、僕はハンバーガーを食べはじめた。
空はまだ青いがそろそろ黄昏時である。

ふと見ると、一匹の白い犬がこちらにやって来る。よくある中型犬だ。
尾っぽをくるりと巻いて耳をピンと立てている。

そいつはにやにやしながら僕の傍までくると、僕に話し掛けた。
「やあ、お願いだから君の食べているハンバーガー、僕に一つ分けてくれないかなあ。」
と彼は言った。
「いやだね。」
と僕は答えた。

なにしろ僕はとてもお腹が空いていたのだ。
見ず知らずの犬などにあげるようなものなど何もない。
僕は黙って、ハンバーガーを食べ続けた。
ポテトをそしてチキンを。それからコーラをゴクゴク飲んだ。

そしてとうとう我慢できなくなって、僕は言った。
「わかったよ、一つあげるよ。だからそんなに恨めしそうにこっちをじっと見ないでくれよ。」
まったくこの犬ときたら、僕が食べてる間じゅうずっと、僕のことを見つめ続けていたのだった。

彼は、にこにこしながら近づいて来て、
「ありがとう。」
とお礼を言って最後のハンバーガーを受取った。

彼は僕のベンチの隣に座ると、器用にハンバーガーの包みを開いて、
パンを食べずに挟んである肉だけ食べた。
「ああおいしかった。実は久々の食べ物なんだ。」
と彼は言って、にやっと笑った。彼は、とても満足そうだった。
「僕の名前は、タロー。宜しくね。」
と彼は言って握手を求めた。僕はしぶしぶそれに応じた。

「ところで、君は夢を持っているかい?」
彼は唐突に聞いた。
「夢?、夢か。」
夢のことなど最近考えたこともない。なんだか毎日とても忙しいのだ。
あっと言う間に毎日が過ぎてゆく。

そんな僕だけど、小さかった頃はそれなりに夢を持っていたような気がする。
そんな僕の態度を知ってか知らずか彼はゆっくりと話しだした。

「僕の夢は、宇宙飛行士になることなんだ。」
聞いた途端、僕は笑い転げてしまった。
「君が宇宙飛行士だって!!」

imagesCA72Y870.jpg

僕はしばらく笑いが止まらなかった。お腹の皮がよじれちゃいそうだ。
だって、どこにでもいそうな平凡な犬のタローが宇宙飛行士に成りたいなんて、
誰が考えたっておかしい。


彼は黙って僕の様子を見ていたが、ゴホンと一つ咳払いをした。
彼はちょっとむっとしたようだった。そして言った。
「君は、我々犬類が君達人類よりも早く宇宙に行ったのを知らないのか。」

「ああ、偉大なる我が同胞、“プーシキンよ!!”」
突然彼は立ち上がって、最敬礼をした。
そして彼はしばらくそのまま動かなかった。

やがて彼は気を取り直したようにベンチに腰を降ろした。
「僕の最も敬愛するプーシキンは、君達のあのガガーリン大佐よりも、
二年も早く宇宙を旅しているのだよ。二年も早くですよ。
最初に宇宙を旅したのは君達人類じゃなくて、我々犬類なのだと言うことを、君は知らないのかい?」

僕は反論したい気持ちになったが、そのまま黙っていた。
「プーシキンが最初の宇宙の旅を終えて帰還した時、ガガーリン大佐は彼を表敬した。
その時彼はガガーリンに向かってこう言ったのだ。『地球は青かったよ、ガガーリン君。』」

「そう、プーシキンはマスコミの使い方がちょっと下手だっただけなのだ。」
と、彼は寂しそうにそう言って空を見上げた。

彼は足をぶらぶらさせていたが、明るさを取り戻して言った。
「でも僕は絶対、宇宙へいくよ。」

彼の目は確信に溢れていた。

彼は今大気圏を脱出するための、新しいロケットの新しい推進システムを開発中なのだそうだ。

「プーシキンが宇宙へ行った頃と今とでは、時代が違うからね。」
と、彼は言って微笑んだ。
「だいぶ長々と話しをしてしまったようだね。すまなかった。」
と言って彼は帰って行った。


あたりはいつしか夕暮れで、彼の後ろには長い影が出来ていた。僕は彼の後姿に向かって叫んだ。
「タロー、頑張れよ。」
彼は振り返って、軽く手を上げ、
「君も。」
と言った。

僕はタローが宇宙服を着て、彼の造ったロケットに乗って旅をしている様子を想像してみた。
タローには、宇宙服がとても良く似合っている、と思った。

おとうさん.jpg

そして僕は自分の夢について考えた。
知っていながら、ずっと胸の奥にしまって、知らない振りをしていた自分自身の夢のことを。
そうして、やっと僕は立ち上がって駅に向かった。
ふと見上げると、一番星が明るく輝いていた。





posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | STORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

彼女の殺人

私は。。。と、彼女は言った。

「私は、今まで何人も殺して来たわ。」

彼女があまりにも唐突にそう言ったので、僕は何のことだか分からずに、
しばらくの間、サラダを食べるフォークを宙に浮かせたまま彼女を見つめた。

彼女はとても不思議な表情をしていた。
泣いているのか、笑っているのか、怒っているのか分からない、
ほんとうに不思議な表情だった。

ただ、彼女の中で彼女自身にも押さえきれない何かが、
次第に大きく膨らんでいくのが僕にも分かった。

まるでパンドラの箱を開けてしまったような戸惑いと不安。


「私はほんとうに殺してきたの。。。
どう言ったらあなたに分かってもらえるのかよくわからないけど、
私はときどき私自身が何人も存在するんじゃないかと思うことがあるのよ。
最初はただの錯覚だと思った。ただ疲れているだけだと。
ところがそうじゃなかった。錯覚なんかじゃなかったのよ。

満員電車に乗っていて何気なく外を見ていたら、
ホームに私が立っていたり、
テレビに映し出された街の雑踏の中に私が歩いていたり、
お化粧をしていて、鏡に写ったのが別の私だったりするの。」


僕はフォークを置いて、ビールを一口飲んだ。

「自分自身に会うっていうのは、どんな気がするものなの?」

僕は言った。

「私は何人もの私を見て、かなりショックを受けたわ。
私が何人も同時にこの世に存在するなんて、信じられないことだもの。」

彼女は溜息をつき窓の外を眺めた。
「何人もの私自身は、私が一旦その存在を知ってしまって、
それに注意しだすようになると、頻繁に私の前に姿を現すようになったわ。
彼女らはちゃんと挨拶するし、食事もするし、眠るの。
彼女らは全く自然なのよ。周囲の人も彼女らを見ても、全く気にも留めないわ。
彼女らはほとんど完全なのだから・・・

でも私は思うようになったわ、自分自身が何人もこの世にいて良い訳がないって。
この世の中には私は一人で充分なんだって。
それで私は彼女らを殺す決心をしたの。」

「でも一度決心をしてしまうと、それはそんなに難しいことではなかったのよ。
彼女らを殺すには、ナイフも、ピストルも、毒薬もいらなかったから。
私は彼女らのために簡単なお葬式を済ませるだけで良かったの。」

「それで、この世の中には正真正銘の君自身だけが存在することになったんだね。」

「そう」

と彼女は答えた。

「私の言っていること、分かってもらえてたかしら?」

「なんとなくね。」

と僕は言った。

 dc02111716 (500x375).jpg

僕は彼女が帰ったあとも一人で店に残っていた。
そしてビールを飲みながら、彼女はもう二度と僕の所には戻ってこないかも知れないと思った。

彼女はたぶん、僕と一緒に生活をしセックスをする、
もう一人の彼女に出会ってしまったのだ。
そう、今頃彼女は、僕の知っている彼女のお葬式を済ませているのかも知れない。

そう考えると、僕はひどく淋しく憂鬱な気持ちになった。

posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | STORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

そして、みんなクレクレタコラになった!

これは近未来のお話です。



きっかけは、子供の作文だった。
「僕の将来の夢は、生活保護者になることです。
生活保護者になったら、あんなこと、こんなこと、たくさんのことができる気がします。
頑張って生活保護を受けられるようになりたいと思います」

その作文を聞いた、担任の先生は、とても喜んだ。
素晴らしい将来の夢ですね。
生活保護者になっても、君はすばらしい!
これはまさに理想の教育、平等教育の賜物です。
そして「世界に一つだけの花」の理念の具現化でしょう!

それを聞いた子供は言った。
「違うよ先生。がんばって勉強して、一流大学に行って、一流企業へ入ったって、
税金払うだけだもん。お父さんが言ってたよ。払うより、もらう方が良いって!」



その頃、東証1部上場のA社では、社長が社員の前で重大な発表を行っていた。

「皆さん、わが社は日本を去ろうと思う。もはや日本で業務を続けることはできない。
高い法人税率、進む円高、高い関税、高い社会保障費の企業負担。
日本で営業すればするほど、赤字が膨らむのです。
同じような製品を作っても、ウォン安の上に、安い法人税率、関税ゼロの韓国にはとても勝てない。
このまま放置すれば、わが社は倒産してしまう。
今ここに、私は思い切って決断しました。
わが社は日本から撤退する!」

それを聞いていた社員たちは、口々に叫んだ。
「僕たちも一緒に行きます。だってもうこれ以上日本で暮らすことはできない。
法外に高い所得税と住民税、
払うだけ払って、もらえるかどうかもわからない厚生年金の大きな負担。
将来、役に立つのかどうかも分からない介護保険の大きな負担。
今や税金と社会保険ための支払額はゆうに給与の60%を超えている。
政府は楽に取れるところから取るというスタンスだ。
もう日本には居られない」

そうやって、いわゆる大企業はみんな、社員と共に日本を去ってしまった。
次から次へと。あの企業も、この企業も。
そして中小企業にも、それに倣う会社がたくさん出てきて。。。。

ついには、日本を支えるサラリーマンは、みんな海外へ移民してしまったのだ。


それから2年。
国会議事堂を多くの人々が取り巻いていた。
彼らは、農業従事者、医療関係者、年金をもらっているお年寄り、
そして生活保護を受けている若者達だ。

みんなが叫んでいる。
「もっと金よこせ!」
「もっと年金くれ!」
「もっと補助金を!」
「カネだよカネ!」

そして、ドジョウ党のドジョウ宰相が登場した。
「みなさん、もう日本にはお金がありません。
今や国民の90%以上は、農業従事者か、医療関係者か、
年金生活者か、生活保護者です。
みんなもらうばっかりで、少しも払わない。
これでは日本は成り立たない。」

それを聞いた群衆は怒った。
「嘘つけ!国債を刷ればいいじゃないか!」
「そうだ!国債だ。国債を発行しろ!」

国債!国債!国債!国債!国債!

怒り狂った群衆は、次第に暴徒化していく。。。と思ったら、
なんと次第に変身していった。
なんに変身したのか?

それはクレクレタコラであった。
みんなが、だんだんクレクレタコラになっていくのだ。

もうそれは、この世のものとは思えないありさまだった。
そりゃあそうだろう。
みんながタコになって行くのだから。


(因みにこれがクレクレタコラです)

imagesCA7KGS7F.jpg



その様子を見ていたドジョウ宰相は叫んだ。
「なんてことだ。もはや例の作戦の決行しかない。」

秘書官が言った。
「総理、あれを使うのですか?あれは時期尚早では?」

「ええい、うるさい。もうやってしまえ!」

そうして総理は、傍の赤いボタンを押した。

その瞬間、国会議事堂はガラガラと轟音をあげながら崩れていった。
唖然とする群衆。
みんなが目を見張った。

すると崩れ落ちた議事堂の瓦礫の中から、何かが膨らんでいく。

「なんだあれは!」

それは、バルーンだった。
巨大なバルーン。
そのバルーンはだんだん何かの形に膨れていく。

バルーンを見ていた、クレクレタコラの一匹が叫んだ。

「あれは!あれは、ジョン・F・ケネディだ!」

その時、バルーンから大音量で、彼の声が聞こえてきた。

「諸君聞いてくれ。大切なのは、国が諸君に何をしてくれるかではない!
諸君が国に対して何ができるかなのだ!」

一瞬静まり返った群衆は、その後、前よりもいっそう騒ぎ出した。

「なんだ、エイリアンがなんか言ってるぞ。エイリアンの言うことなんか聞くな!」

もはや、クレクレタコラになってしまった群衆に、人間の言葉は届かない。。。




posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | STORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。