2013年07月01日

モヒートでスッキリ!

家の裏に繁茂するドクダミ。
その対策として、これまた、めちゃめちゃ繁茂するミントを植えてみました。

その結果、ドクダミちゃんもガンバってますが、
ミントの方が背が高いので、
見たところミントちゃんの圧勝です。
image-20130701214527.png

ところがこの繁茂するミントもあまり使い道がないな〜と考えていたら、
ありました、ミント大量に使うカクテルが!

そうモヒートです。
暑い季節にはピッタリなモヒート、
自家製ハーブで作ったらさぞかし美味しいだろうと思って、
やってみました。
本当はこれまた自家製のレモンでモヒートを
作れたら良かったけれど、
レモンはまだ実り始めで、実が小さいのでちょっと無理、
買ってきたライムで作りました。

収穫したミント。ちょっと虫喰い…
image-20130701215010.png

タンブラーグラスにくし切りライムを入れて、
image-20130701215127.png

ミントの葉っぱをグラスいっぱいに入れます。
image-20130701215201.png

大量ですね。
これをすりこぎで潰します。
image-20130701215300.png

ミントの苦味が欲しい人はたくさん潰して。
ライムの果汁も潰して出します。

氷を沢山入れまして、
image-20130701215419.png

ホワイトラムとガムシロップを投入。
ガムシロップはお好みの量で。
image-20130701215455.png

炭酸水を注いだら出来上がり!
image-20130701215705.png

なんて爽やか、なんて美味しい。
image-20130701215808.png

この色合いも涼しげで、夏にピッタリです。
ミントの清涼感のある風味と、ライムの酸味と香りってなんて合うのでしょう。

美味しいからって、何杯もおかわりしていると、
アルコール度数も高いので、あっという間に泥酔に…

みなさん、夏の日のモヒートは要注意ですよー!
美味しすぎます。










posted by ピコティ at 22:10| 東京 ☀| Comment(4) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

ラズベリーです。

昨年に購入したラズベリーの苗。

1年経過して、ちょっとだけど結実しました。
image-20130624215904.png

ラズベリーはバラ科なので、バラ同様に茎には細かい棘がびっしり。
でもバラのような独立した痛い棘ではありません。

今年の春の結実はあまり良くないけれど、
根元からたくさんのサッカーが出てきて、大きく芽を伸ばしているので、
秋にはたくさん実を付けてくれることを期待しています。
image-20130624220608.png

そう、おそらくこれは二季なり品種。

実はだんだんと熟していくので、一回の収穫はごく僅か。
今日はたったこれだけ。
image-20130624220729.png

あまり甘くはないけれど、
ラズベリーの香りは豊かで素晴らしい。

くちいっぱいに広がる、ラズベリーの酸味と風味。

梅雨の雨に打たれてダメになる前に、楽しんでおかないとね!











posted by ピコティ at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

バラの季節の終わり!

わが家のバラの季節ももう終わりです。

今季のバラの集大成として、まだお届けしていない写真をアップします。

黄色いバラは、ほとんどありませんが、
これはピルグリム。
image-20130526222003.png

青バラといえば、ブルームーン。
青バラの代表格ですね。
image-20130526222128.png

ちょっと気難しいです。
image-20130526222241.png

房咲きがチャーミングなジェントル・ハーマイオニー。
image-20130526222332.png

このジェントル・ハーマイオニーから庭の奥を望みます。
image-20130526222446.png

ウィリアム・モリスの美しい姿。
image-20130526222539.png

ガートルード・ジェキルも最終段階。
image-20130526222618.png

今年はこのガートルード・ジェキルと
クレマチス、ドクター・ルッペルとの競演が観られました。
image-20130526222843.png

なぜか、なかなか大きく育たない、キャスリン・モーリー。
image-20130526222856.png

レオナルド・ダ・ヴィンチも咲きました。
image-20130526223017.png

ア・シュロップシャー・ラドも美しい。
image-20130526223116.png

スウィート・ジュリエットはバナナのようなフルーツ香。
image-20130526223218.png

クレマチス、二オベも群生している感じが見事。
美しいですね。
image-20130526223332.png

これからのお楽しみは、
バラの2番花もあるけれど、
本命は緑の季節。

緑が濃くなって、庭も情熱的に感じます。
しっとりと降る雨と深い緑の取り合わせは、
これから梅雨の季節のお楽しみの一つですね!

森に静かに降りしきる雨を、ずっと眺めるのは至福の時のひと時です。










posted by ピコティ at 22:51| 東京 ☀| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。