2013年03月12日

ハイティンク LSO のブルックナー第9番

久々に音楽の記事を書きます。

2013年3月7日 木曜日 サントリーホール 19時

行って参りました。
指揮: ベルナルド・ハイティンク
ピアノ: マリア・ジョアン・ピリス
ロンドン交響楽団の来日公演です。

曲目は
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番目変ロ長調 op.19
ブルックナー 交響曲第2番 ニ短調 (ノヴァーク版)

半年前にこのコンサートのチケットを買った時から、
非常に楽しみなコンサートでした。
もうワクワクです。

わたしが高校生の頃にはもう巨匠だったハイティンク。
image-20130312223316.png

一度生でそのピアノ演奏を聴いてみたかったピリス。
image-20130312223511.png

聴きに行った2006年の来日公演で、
素晴らしいマーラーを聴かせてくれたロンドン交響楽団。
image-20130312224100.png

ロンドン交響楽団はスターウォーズのテーマ曲の演奏等で、
クラシックファン以外にも有名なオケです。

まずはベートーヴェンのピアノコンチェルトの2番。
プログラムはチケット購入時はモーツァルトのピアノコンチェルト第17番でした。
それがピリスの強い希望で変更になったとのことです。
ベートーヴェンのピアノコンチェルト第2番は、
とてもチャーミングな曲です。
それをピリスがどう聴かせてくれるのか楽しみでした。

果たしてその演奏は、期待に違わずとても素晴らしいものでした。
ピリスのピアノはまるで小川の流れのように流麗で、キラキラと輝いて、
そして素朴で、純粋で、温かい!
第2楽章の終盤など、どこかで柔かな鐘の音が聴こえる。。。
というピアノタッチで、この曲を何回も聴いているのに新たな発見もありました。

まさに気持ちが洗われるような演奏です。
世界中の人々を魅了するピリスのピアノ。
わたしも至福の体験をすることが出来ましたよ。
また聴きたいです。

続いてブルックナーの交響曲第9番。

ハイティンクは近年、この曲に特に特別な意味を見出しているのかも知れません。

ハイティンクは2009年3月にロイヤル・コンセルトヘボウとの演奏でこの曲を演った時に、
NHKのインタヴューにこう答えています。
「この曲は特別な機会に演奏されるべき曲で、あまり演奏し過ぎてはいけない。
演奏し過ぎて特別な曲ではなくなると、曲の何かが失われてしまう」と。

これはハイティンク自身の言葉ですが、
それにもかかわらずハイティンクは以降、この曲を演奏し続けます。

ロイヤル・コンセルトヘボウの後は、ウィーンフィルと、
そして今回ロンドン交響楽団とです。

なぜ自ら演奏し過ぎてはいけないと言っていたブルックナーの第9番を、
ハイティンクは演奏し続けたのか?
その答えは今回の演奏会にあったのかも知れません。
ハイティンクの言う、特別な曲の特別な演奏会でした。

きょうの演奏は、全体を通して弦楽器の分厚い響きが骨組みを構築して、
それがしっかりと曲を支えたという印象を受けました。
その骨組みの上に金管のカセドラルが形づくられているのです。

そのサウンドを得るためであったのか、
今回ロンドン交響楽団はとても珍しい楽器の配置をしてました。
この配置によって各弦楽器の奏でる旋律の対比、
ホルン(ワーグナーチューバ)とそれ以外の金管楽器の対比、
そのコントラストを立体的に体感することができました。
面白いですね。

緊張感が持続して、一瞬も目を離す事ができないくらいだった第1楽章。
愚直なまでに、歩くようなゆったりとしたテンポを貫いた第2楽章。
そして第3楽章のいよいよ最後のコーダの部分では、
キンコンカンコンと鐘が響くような旋律の中に、
敬虔な祈りにも似た気持ちを抱くことができました。

演奏が終了してからも、余韻がこみ上げてくるような演奏。
まさに名演ですね。

オーケストラも去って誰もいなくなったステージ上に、
再度のハイティンクの登場を期待して、
ステージサイドまで詰めかけて拍手を送り続けた聴衆に、
ハイティンクは2度も応えてくれました。

ハイティンクを今後また、生で聴く事ができるかどうか。
わたしもステージサイドまで詰めかけて、しっかりと目に焼き付けてきました。

image-20130313002319.png













posted by ピコティ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

コッペリアは面白かった!

わたしは、クラシック音楽をよく聴くので、
バレエを音楽として聴くことは多いです。

バレエ音楽には有名な曲がたくさんありますからね。
けれどこれまでバレエの舞台を見たことは、ほとんどありませんでした。

この長いGW、ゴロゴロしていたので、以前BSプレミアムで放送したコッペリアを見ました。
コッペリアは古典の名作です。
音楽としてはカラヤンベルリンフィルの名演があって知ってましたが、
映像を見てストーリーを今回初めて知りました。
それがとっても面白かったので、お伝えしますね。

         


<ストーリー>
ヨーロッパ中欧のある村。
若くて明るく綺麗なスワニルダは、みんなから慕われる村の人気娘。

スワルニダにはフランツという恋人がいます。
フランツは大学の休みで、ちょうど帰省して帰ってきました。

せっかく、久しぶりに会ったのにフランツは、
「スワニルダ、これ僕が大学で研究している蝶の標本だよ。見てごらん、凄くきれいだろ。」
なんて言ってます。
スワニルダは蝶の標本なんかにちっとも興味がありません。
どうやら、フランツには女心というものが、全く分かっていないようです。

そんなところに、コッペリウスという男性が現れます。
コッペリウスは、イケメンで服装のセンスがよく、会話もオシャレ、
都会的で、全てにおいてとても洗練されています。
その上、スワニルダにたくさんのプレゼントもしてくれるのです。
(古今東西、女性はどうしてこのタイプの男性に弱いのでしょうか?)

フランツもようやくコッペリウスに心惹かれていくスワニルダに気がつきました。
ちょっと張り合ってみたりもしましたが、なんだか勝負にならない感じです。

ところが、このコッペリウス、実はマッド・サイエンティストだったのです。
今は亡くなってしまった、昔の恋人コッペリアをなんとかして蘇らせようとしていました。
自宅の研究室にコッペリアの等身大の絵が描かれた本を置いて、
この絵に描かれたコッペリアに魂を入れる研究をしていたのです。
コッペリウスはアヘンなんか吸ったりして、なんだかとっても危険な感じ。。。

ある日、スワニルダはコッペリウスの邪悪な召使であるスパランツァーニから、
コッペリウスの研究室の鍵を渡されます。
こっそりと、友達とその研究室を訪れますが、
結局スパランツァーニに見つかって、友達は追い返されてしまいます。

一人残されたスワニルダ。コッペリウスも現れました。
みんなで乾杯したワインに、どうやら薬が入っていたようです。

ふらふらとして、様子がおかしくなったスワニルダは、
コッペリアの描かれた本に閉じ込められてしまいます。

もはや絶体絶命!!!
このままスワニルダは魂を抜かれてしまうのかっ?
スワニルダの運命やいかに。。。

************************************

こんな感じのストーリーでした。
なんだか、子供の頃に見たアニメのストーリーみたいですが、
調べてみると、このストーリーはコッペリアの一般的なストーリーとは違うようです。

同じ公演のBDの予告編があったので、貼り付けました。



この公演は2011年3月のパリオペラ座ガルニエ宮でのライブでしたが、
パストリ・バールの新演出。
バレエは演出・振付が変わると、ストーリーまで変わってしまうのですね?
ちょっとビックリでした

ストーリーも面白かったけど、スワニルダはとってもチャーミング。
踊りも可愛らしくて、素晴らしい。
バレエもじっくり見ると、とてもよさそうです。

それにしても、パリオペラ座のガルニエ宮には一度でいいから行ってみたい!
(オペラ座の怪人のいるところです)

posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

春の祭典!

春爛漫ですね。
春というと、穏やかとか、暖かいとか、なんだかのんびり、ほのぼのしたイメージです。

でも寒い冬の気温を上昇させたり、雪を溶かしたり、木を芽吹かせたりするのには、
もの凄く、強大なパワーやエネルギーが必要なのではないかな。
力強く芽吹いてくる、バラなど見ているとそう感じます。
春の力はとても凄いのです。

日本の春にさえ、とてつもないエネルギーを感じるのに、
ましてや極寒の地であるロシアではなおさらかも知れません。

そんなことを思ったりするこの季節に、ちょうどピッタリな曲、
わたしが聴きたくなるのは、ストラヴィンスキー作曲のバレエ音楽「春の祭典」です。

ドカドカとかなり凶暴なこの曲ですが、初演時の騒動は過去の話。
今となってはこの曲も完全に古典です。

わたしがこの曲を初めて聴いたのは、中学生の時。
やっぱりかなり衝撃を受けました。

わたしの母親などは、わたしが大音量でこの曲を聴いていると、
わたしがグレたと思ったらしく、飛んできて、
「こんな曲を聴くのはやめなさい!」なんて言ったもんです。

その後、ハルサイ・ブーム (春の祭典、略してハルサイです) なんてものもあって、
山ほどCDがでましたが、わたしのお気に入りはこちら。

       


アンタル・ドラティ指揮 デトロイト交響楽団 の春の祭典です。

当時いろいろなパターンの春の祭典がありましたが、
この演奏スタイルが、この曲のこの後の演奏のスタンダードになったと思います。

激しいリズムの土俗的な音楽を聴いていると、
大地の中で眠っている虫たちが目を覚まして、
もぞもぞと動き出し、土の中から這い出してくるようです。

うわぁーーー、ユーモラスでちょっと変、なんて思いながら聴いていただけるといいのかも。。。


最近?でもないか、2007年のNHK音楽祭で演奏された、
ワレリー・ゲルギエフ指揮のマリインスキー劇場管弦楽団の演奏は、
またひと味違ったサウンドで、とても面白く聴けました。



      


こちらもお薦めです。

みなさんも根雪を溶かす大地のパワーを感じてみたらいかがでしょう。
春の違った姿が見えてくるかもしれませんよ。




posted by ピコティ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。